2006年07月31日

ただいま〜

allegra.JPGAllegra♪無事、帰って参りました。
 
アレーグラとは、レト・ロマーニッシュ語で、『こんにちは』と言う意味で、また、街の入り口に『Allegra!Samedan』とあれば、ようこそ、サメーダンへと言う意味である。
 
←のSteinbock・シュタインボック(英語では、ibex)の縫いぐるみは、今回は生シュタインボックが見れなかったので(暑くなるこの季節には、涼しいところへ隠れてしまうそうだ)Quadratschaホテルで買いました。
 
 
 
banner_02.gif


posted by ひよ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

30日に戻ります

突然だけど、旅に出ます。探さないで下さい・・・なんちゃってw
 
ciao Kopie.jpg明日朝一の仕事を済ませたら、涼しい所へ行って参ります。
 
ちょっと動くと汗がタラ〜・・・って、むか〜し東京に住んでいた頃の夏みたいじゃないかっ?!って位、ここんとこ、暑い。
 
行き先は、Engadinの方なんだけど、宿泊先は(って教えても誰も連絡くれないw)SamedanのQuadratschaと言うホテル。
 
 
↑ご丁寧に【行って参りますのお辞儀】をしている・・・訳ではないw これは、SustenpassのSteingletscher(氷河)の河下の方に立っているんだけど、足元のキラキラ度を見つめていたのw
 
1900mくらいのところだけど、氷河の近くまで行くと涼しい風が吹いて来て、それに氷河の上もスーッと気持ち良いのよ。
 
30日の夜には、戻ります。
沢山、綺麗な景色と美味しそうな((・_・)......ン?)画像を撮って来るからねッ♪
 
それでは、行って参りま〜っす♪
 
 

banner_02.gif
posted by ひよ at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Donut Peaches

スペイン産のその名もドーナツ(型)ピーチ!
 
donut peaches.JPG去年は見かけなったと思うけど・・・Coopにて、通常価格4.60スイスフラン(450g入り)をセール中で4.10也。 
 
直径約7cm程度で、厚さが約3cm程度。
 
果肉は、白桃(イタリア産やスペイン産で、日本のそれの半分程度の大きさ)より、ずっと美味しい〜♪
 
冷やして食べよう!
 
 
 
 

 
banner_02.gif

posted by ひよ at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・料理・食品・食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

Blue Balls Festival

少々お知らせ遅ればせながら(¨;) Blue Balls Festivalが21日〜29日まで、KKL、Pavillon、Schweizerhofで開催される。
 
出演は: Stephan Eicher, Billy Idol, Saybia, Sophie Zelmani, Willy Deville, Randy Newman, Jeff Beck, Joe Jackson, Tracy Chapman, The Cat Empire, Lizz Wright, John Butler Trio, Nek, Angelique Kidjo, Gary Moore, Zap Mama, Roger Hodgson・・・などなど。
 
チケット完売だそう。(でも、25日の午前5時から、チケットコーナーでトライ!www.ticketcorner.com )
でも、湖畔のGrand Nationalホテル付近のPavillonだったら、通りすがりで誰かのを聴けるし、シュヴァイツァーホフのエントランス前でも演奏してる場合有り。
 
おぉ・・・Jeff Beckさまが・・・ぬぁんとGary Mooreも。Gary Mooreは今夜だし、26日からバカンスする私。どうせ、26日のJeff Beckは観に行けない。
 
2002年から始まったBBFは、今年で5回目。年々、豪華ゲストになってるし。去年の豪華は、Iggy Pop御大でした。
 
 
http://www.blueballs.ch/
 
 


banner_02.gif
posted by ひよ at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クマトとラタトュイユ

kumato.JPG近所のスーパーで、久々にクマトを見かけたので、思わず買ってしまった。
 
Migrosにて、450g入りで4.60スイスフランなり。
 
去年は、4.80だったから、今年は0.20お安くなってるじゃない?
 
しかし、黒いトマトだからクマトなのか?w いったい何語だろう?
 
調べてみたら、スイスの食品関連大企業のSyngentaが世に送り出したもので、2004年からイギリスでテスト販売され出したんだって。普通のトマトよりは、2割くらい高いかな?
 
なんで、スイス(でテスト販売)じゃなかったんだろうか?少なくとも市内のショップじゃ見かけなかったわ。なんでイギリスだったんだろうか?
 
kumato2.JPG中身はこんな感じで、味は、普通のトマトより詰まってる感じ?w
直径6cmほどで、これより大きいのは見たことないなぁ。
 
このまま、塩振って食べても良いし、クマトのことを検索していたら、アボカドと合わせて・・・なんて美味しそうなレシピもあった。
 
 
 


 
ratatouille.JPGこちらは、インスタントの冷凍ラタトュイユ。

忙しい時に便利です。Migrosにて、600g入りで6.20スイスフラン。
慌しいランチの時に、パスタを茹でて肉を焼いている間に暖めるだけで美味しいラタトュイユの出来上がり。
 
この手のでアジアミックスって言うのもあるんだけど、それが少々塩っ辛いので、これも塩味シッカリ目なのかな?と思っていたら・・・?
 
ん?美味しい。ほんのり甘みも感じられて、パスタに合う。
私は、ポテトが好きだから、ポテトにかけちゃっても行けるし。 
 
 
 

banner_02.gif

posted by ひよ at 05:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ・料理・食品・食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

個人情報はお好き?

長年、ガイドをして来ているけれど、未だに慣れないことの一つに『個人情報聞きたがり屋』がある。
 
「スイスに住んで何年になりますか?」との質問に、当たり前ながら正直に「○△年になります」と答えると「随分お若い頃からいらっしゃるんですねぇ」と来る。まぁ、そう言うことになるわねw
 
初対面の私に話しかけるキッカケとしては、天気の話(いつもこんなに暑いんですか?梅雨ってあるんですか?etc)の次の常套句みたいなものなのだろうか?
 
続きを読む
posted by ひよ at 19:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Grill-Tatschli Kalb

いわゆる子牛肉のつみれ風。
そう思って食べたら、なんだか味もつみれ風味w
 
tatschli1.JPG朝市のいつも行くたまご屋さん(売り物はたまごばかりじゃないので念のため)で新製品を発見。
 
子牛肉のつみれ風。色々と野菜のみじん切りも入っていて、見た目も美味しそう。
 
加工済みだから、このプラバッグのまま湯銭しても良いけど、やっぱり、この時期、グリル用として売られているんだから焼いた方が良いだろう。値段は、25スイスフラン/kg
 
今日のランチはコレ。
 
tatschli2.JPG tatschli3.JPG tatschli4.JPG
 
付け合せは、簡単に野菜のRöstiと夏野菜。
野菜のRöstiは、思いつきで作ったものだけど、とても簡単で美味しく出来ちゃうのでレシピ(って程でもない)公開w
 
使った野菜は、ニンジン、ズッキーニ、セロリ(今回は、根セロリの方。前回は、茎の方を使った)、新じゃが芋とスイートコーン。
分量は適当。材料を適当にダイス型に切り、ニンジン、セロリから好きな味のブイヨンで煮る。私が使っているのは、Oswaldのオックステール。
http://oswald.ch/retail/category.asp?catalog_name=OswaldProductCatalog&category_name=Spezial%2DBouillons&Page=1#
↑の一番上の。
 
ブイヨンの濃さは、そのままスープで飲めそうな濃さより、ちょいと濃い目が良さげ。
半分、火が通った頃にズッキーニを加え、最後に新じゃがを加えて、じゃが芋に火が通るまで似て、ザルに取る。
 
それから、フライパンにバタ(無塩)を溶かし、そこへ煮上がった材料を入れて、薄っすら焦げ目が付くまでフライするだけ。塩・コショウで味を引き締めて、出来上がり。
 
簡単に出来て、美味しいからお勧め♪
 
 

banner_02.gif
タグ:料理
posted by ひよ at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

お詫びのリクライニングソファ

これが、お詫びの代用寝椅子。
 
wmsofa.JPG実際には、黒の柔らかい皮をオーダーしたの@http://www.pfister.ch/index/filialen/filialen-luzern.htm
しかも、6月9日に間に合うように。何の日かって?W杯開催の日だったw
 
ワールドカップを、このリクライニングソファで観るって魂胆だったのだけど、間に合わなかった。
 
オーダーしてから2ヶ月は経ってたわね。そろそろじゃないか?と家具屋に電話したら・・・
 
『ぁ!』だって。ちょっとぉ、『ぁ!』じゃないわよっ!『ぁ!』じゃ。
 
要は、忘れたと言うんだわ。
正直にならざるを得ないのは、しょうがない。だって、『もう、来週には届きますから』って言えないからね。
 
在庫に無い場合は、2〜3ヶ月待たなきゃならない。外国せ作らせるんだろう。デンマーク辺り安く作っているらしい。例えば、ドイツ人とかは国境を越えてオーダーして来るらしく、家具屋の前に配送(欧州)しますとかって書いてある。
 
『誠に申し訳ありませんが、ご注文の品は9月にお届けとなります』だって。
 
うちがフローリングだから、ソファの脚の裏には厚手のフェルトを張るって特注。レザーも店頭に置いてあるサンプルより、キメの細かいのにした。
 
代用として来たこのソファは、薄いアイヴォリで、ショップでお客様がお試しで座ってたものだから、フェルトは付いてないし、う〜〜〜っすらだけど、肘掛のところが汚れている。
店頭用だからか、足用のスツールにはビニルシートが。
 
座り心地?寝心地?そりゃ、満点!ホン〜ト、絶妙な角度になるんだわ♪読書の時もOK。
眠くならないかって?そう言うのも有りよ。
 
troesterli.JPG謝罪のつもりかオマケが付いて来た。
シャンペン2本とビーサン型のキャンドル。
6月23日に届いたので(遅っ!)、スイスvs韓国戦が終わったら1本目は飲んじゃったし。
 
2本目は、スイスがウクライナに勝てば飲む予定だったけど、お流れに。
未だに、冷蔵庫で寝ている。涼しくて良いわねっ!w
 
本来のソファが届いたら開けようか。
 

 
 
 


banner_02.gif

posted by ひよ at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hotel Continental-Park

コンチネンタル・パーク ホテル(☆☆☆☆)
 
Murbacherstrasse 4
6002 Luzern
Tel  +41 (0) 41 228 90 50
Fax +41 (0) 41 228 90 59
hotel@continental.ch / http://www.continental.ch/
 
部屋のタイプ&値段⇒http://www.continental.ch/index.php?option=com_content&task=view&id=15&Itemid=30=en
↑英語表示です。

 
 

banner_02.gif
タグ:ホテル
posted by ひよ at 04:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

こんな人もいる・・・

初対面のツアコン、Tちゃんは、どうやらルツェルン体験が少ないようだった。
 
詳しい話をする暇がなかったので、Tちゃんの愚痴のほんの一端を聞いただけなんだけど、胃が痛いと言っていた。
 
私たちは、街なかの中華飯店でミートだった。
どのように周りたいか?と伺うのが常。Tちゃんは、出発の15分ほど前にドライバーに連絡するように言われているからと・・・
 
見れば、丁度デザートの杏仁豆腐が配膳されているところだった。
 
それじゃあ、食後の散策ね。先ず、カペル橋から開始して、そしてライオンへ行きましょうね。
 
すると、Tちゃんは「お客様に、手荷物とカメラは置いていっても良いと言ってあるからバスは呼ばなければならない」と言った。
 
唖然である。それは、ないでしょ?(内心、ムッとなった。ごめんね。Tちゃん)
バスを離れる時は、貴重品とカメラはお持ち下さいって言うのがお約束事。少なくとも私の中ではね。
 
そんな中、Tちゃんがグループの代表氏がこんな人なんです・・・と話し出した。
グループは、ある会社の方たちの集まりなのだけど、代表氏はお見受けしたところ、それほどのお年ではなさそうなのに、エキセントリックな発想の持ち主のようだった。
 
 
続きを読む
posted by ひよ at 05:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュプルングリ

hiyocoffee.JPG19日、チューリヒへ遊びに行った帰りにSprüngli(Paradeplatz店)のカフェに寄った。(生憎、ルツェルンにSprüngliはない)
 
これがヴィエナアイスコーヒー。10.90スイスフランなり。(実は、スタバのフラッペチーノのがずっと好きw)
数年前だと、アイスコーヒーとお願いしたら、コーヒー味のアイスが出て来たものである。おろ、ビックリw
 
しかし・・・まぁ・・・老舗に限って早々にクーラーを完備している訳ではないw
これは、2階なのだけど、下のテラスにするか屋内にするか?と迷わずに屋内にw だって、地べたの照り返しってば凄いものがある。
 
このコーヒーは甘くない。
バニラアイスクリームの甘さで充分である。それに、スイスではクリームを立てるときに砂糖は加えない。
 
アイスコーヒーは近年のもの。そして、アイスティは何年くらい前から登場したろうか?ここ5,6年のものかしら?通常、某リプトン社製とかの既に砂糖が加えられたのが出て来る。
 
氷についてはw、私がこの国に住み始めた頃の夏は今ほど暑くは無く、夕方河辺に出ればカーディガンが必要だった。素足でなんて出歩くことは、少なかった。
そして、一般家庭では、冷たい飲み物は胃に悪いからと常温のコカコーラなどが普通に飲まれていたっけ。
 
ある日、河辺のカフェテラス(忘れもしないRestaurant Schiff。このブログでホテルを紹介した)でコカコーラを頼んだら、冷蔵庫に入ってた分が切れちゃったのか、常温のが出て来た。だから(これじゃいくらなんでも飲めないw)、氷を頼んだらウェイターが「有料だ」と言う。「良いわよ。幾ら?」と聞いたら、50サンチームだと。50円くらいだ。当時、氷を入れてくれだなんて言う客はいなかったのだろうか?
 
ま、今にして思えば、彼がカウンターからテラスへ往復するチップみたいなものだったんだけどねw
 
氷は幾つ入ってたかな?生ぬるいコーラを飲んだ後、氷をガリガリやったら、みんなに注目されたしwww
 
遠い昔のお話であるw

 
 
banner_02.gif
タグ:カフェ
posted by ひよ at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

Swiss Folklore Restaurant Stadtkeller

Stadtkeller.JPGシュタットケラー
 
Sternenplatz 3
6004 Luzern
tel  +41 (0) 41 410 47 33
fax +41 (0) 41 410 61 33
E-mail: info@stadtkeller.ch
http://www.stadtkeller.ch/
Manager: Mr. Alois Keiser
 
冷房完備(近年、これ重要w)
 
ランチ&ディナーフォークロアショー
2006年3月21日〜10月29日までのスケジュール及び値段(VAT込み)
 
ランチ:    12:15〜 音楽とショータイム
ディナー:  20:00〜 音楽
        20:30〜 ショータイム
 
A:  Cheese-Fondue, Salad, special veal Bratwurst(or pork sausage), Swiss-Rösti, Dessert
 
ランチ:  54スイスフラン     ディナー:  67スイスフラン
 
B: Cheese-Fondue, Salad, Lakefish garnished, Spinach, Swiss-Rösti, Dessert
 
ランチ:  58スイスフラン     ディナー:  71スイスフラン
 
C: Cheese-Fondue, Salad, Wienerschnitzel garnished, Swiss-Rösti, Dessert
 
ランチ:  57スイスフラン     ディナー:  70スイスフラン
 
D: Cheese-Fondue, Roasted Chicken-Breast, Spinach, Swiss-Rösti, Dessert
 
ランチ:  56スイスフラン     ディナー:  69スイスフラン
 
E: Cheese-Fondue, Salad, sliced veal in mushroom cream sauce, Swiss-Rösti, Dessert
 
ランチ:  58スイスフラン     ディナー:  71スイスフラン
 
F: BEEF-FONDUE BOURGUIGNONNE(オイルフォンデュのこと) with different sauces, French fried potatoes, mixed salad, Dessert
 
ランチ:  65スイスフラン     ディナー:  78スイスフラン
 
G: PORK AND CHICKEN MEAT FONDUE(ブイヨンの中でシャブシャブするフォンデュ・シノワーズのこと) with different sauces, French fried potatoes, mixed salad, Dessert
 
ランチ:  63スイスフラン     ディナー:  76スイスフラン
 
 
After Dinner Packageと言うのもあり、ディナーが済んだ21時15分からショーが楽しめる。
 
No.1: After Dinner Fondue Package with Show (One drink of personal choice, Fondue at about 21:15 after Dinner) 50スイスフラン
 
No.2: Drinks and Show party (Two drinks of personal choice, also Whisky etc.) 46スイスフラン
 
 
 
banner_02.gif

2006年07月20日

Trollius europaeus

trollius.JPG
Trollius europaeus / Ranunculaceae
トロリウス・エウロパエウス

キンポウゲ科キンバイソウ属
6〜7月
700〜2400m
スイス全土 日当たりの良い草原、森林、湿気の多い場所
10〜60cm

毒性のある植物

 根出葉は長い柄をもち掌状に裂け、ひし形を形成する。小葉は2〜3回出状に中裂し、欠刻がある。茎上部へいくほど細く小さくなり柄も短くなる。
 頭頂に単花をつける。花弁は淡黄色の広倒卵形で10〜15枚が重なり合い、わずかに開花し球状で咲く。

参考文献(左):  スイスアルプス高山植物ポケットガイド(岡田希代子著)
タグ:高山植物
posted by ひよ at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

Bioショップ

Oekomative GmbH GrabeMärt
Bioショップのご紹介
 
bio1.jpg bio2.JPG bio3.JPG
 
↑スイス人は野菜も食べるw そして、ワインやミネラルウォーターやジュースもいかが?
 
流石に、ここで見られるミネラルウォーターやジュースは、普通のお店でも手に入る。
 
bio4.JPG bio5.JPG bio6.JPG
 
↑穀類、ジャムその他。そして、アジアンコーナー。更には、ニョッキやトマトソース。
 
アジアン製品は、インドやタイの物有り、日本の醤油や海苔そして麺類有り。
 
私は、極めて健康体で(それが取り得)、特にBio製品を頼りに生きている者じゃないけれど、世間では、どうしても添加物はイケナイと言う人々がいる。そう言う意味では店内を見回した所、ホント、色々揃っている。
 
撮らなかったけど、このショップにはBioの肉も置いてある。
 
店内は、ショップの人にちゃんとお断りして撮らせていただいた。↑一番左の女性は、在庫点検中。
 
bio7.JPG bio8.JPG bio9.JPG
 
パスタのコーナー。そして、パンとチーズのコーナー。豆腐製品もこんなに。
 
豆腐は、時々買いに行く。製造元は、ドイツ。
時々、思いっきり緩くてw、なんかニガリが高いのか?と思うこともある。
ある友人が鍋物に入れたら、バラバラになった!と悪名高い製造日もあった。
 
bio10.JPG bio11.JPG 
 
店内をグルリと撮影して来て、また、エントランス付近に戻って来た。
↑左は、ビスケットなど嗜好品。そして、レジの隣の化粧品のコーナー。
 
bio12.JPG bio13.JPG
 
↑は、店内にある食堂。赤いTシャツ君は、バーキーパー。
たまたま、ランチ後だったので、店内の赤いパラソルの下には、この男性1人だった。
 
このお店は、6月11日にご紹介したVery黒ハートJと同じ店舗内にあるの。
 
zytturm.JPG下の方に薄いグリーン字の看板が見えるでしょ?
ここがメインエントランスで、入って左側がVery黒ハートJ。そして、右側がBioショップ。
 
何年前になるのかなぁ。≪hokkai≫ってかぼちゃが手に入るって言うんで、通ってみたりしたっけ。その後、朝市でも日本のかぼちゃが手に入るようになったから、余り行かなくなってしまったけどね。
 
さあ、かぼちゃ。ボソボソ系が苦手な私。ともすれば、ホクホクが煮付け方でパサッとしてしまいそうなかぼちゃって実は、苦手なんだって後日気付いたw
 
なんだろね?なかなか手に入らないもので、母の味とか?で思い入れがあったせいか、子供の時分に母が作ってくれたかぼちゃの煮付けって、それほど好きでもなかったのに、無いものねだりか、嬉々として買いに行った頃があったっけ。
 
その後、朝市で色々な和かぼちゃが手に入るようになった。
 
こっちのかぼちゃは、巨大なのね。果肉は、巨大な分薄味って言うか、スープ向き。
ソテにしても良いけど、冬場、玉ねぎを炒めて、ニンジンとポテトのスライスを加えて炒めて、そこへパンプキン(薄味かぼちゃw)のダイスを加えて塩・コショウして炒めて、少々の水を加え、お好みのブイヨンを加えて、プレッシャークッカーで5分分ほど加熱してから、自然放置。
 
蓋を開けたら、バーミックスで撹拌して牛乳やフレッシュクリーム、お好みで調味したらパンプキンスープ、ドイツ語でクルビスズッペの出来上がり♪
 
あら・・・かぼちゃにこだわってるのかって?いえ、和かぼちゃが手に入る!って言うんで私の中では、そう言うプライマリな思い出なんだなって書いてて、今思うw

営業時間:
 
月曜日 11:00〜18:30
火・水曜日&金曜日 09:00〜18:30
木曜日 09:00〜19:30
土曜日 08:00〜16:00
 
Grabenstrasse 8
6004 Luzern

Tel  +41 41 410 85 47



 
banner_02.gif

posted by ひよ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ショッピング・優れもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

Sempervivum montanum

sempervivum.JPG
Sempervivum montanum / Crassulaceae
センペルビムブ・モンタヌム

ベンケイソウ科クモノスバンダイソウ属(特別保護指定されている植物)
7〜8月
1000〜3000m
アルプス 草原、崖、石の多い場所、球酸を含んだ岩石
5〜25cm


 披針形で多肉質の葉には腺毛があり、淡緑色〜紅色。基部に球状〜星状を形成するロゼット。茎には密に互生する。
 花弁は紅紫色で11〜15枚が開花し、径2〜3cm大の花冠を茎頂に散房状につける。

参考文献(左):  スイスアルプス高山植物ポケットガイド(岡田希代子著)

banner_02.gif
posted by ひよ at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ばんは〜 ピラートス

abendsonne.JPG毎日見える山だからね。
 
16日21時のピラートス。昼間は、オゾン層で霞んでいたけど、今はハッキリ見える。

 
 
 
 
タグ:ピラートス
posted by ひよ at 04:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑いと思う?うん。暑い・・・

atomsommer.JPGみんな暑いって言ってる。そりゃ、暑いわ。なんか抜け毛が激しいけど、禿る訳には行かない。
 
私のデスクの足元、こんな風です。アトムの左側の物体は、PCのスピーカ代わり。
 
出来るだけ、風通りの良い、涼しい所を探して移動してる風味。
でも、他所で良く見かけるような仰向けに伸び伸びして寝てる姿を見たことがない。
 
baer1.JPGこないだ会った?ベルンの熊公園の熊ちゃん。
暑いよ・・・とは言わなかったけど、bitte、bitte(お願い、お願い)をするのも苦しげだった。
 
うちのアトムと親戚筋なのかw 猫科なんだっけ?あら?猫が熊科?w
 
丸っこさなら、うちのアトムは負けてないしw

 
 
 
 
タグ:
posted by ひよ at 03:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食欲が落ちたら果物を

kirschen.JPG aprikosen.JPG
 
お隣の州ニドヴァルデンのStans産のチェリーは、1kg/8.50スイスフラン。アプリコットは、ヴァリス地方(ツェルマット辺り)産ので、1kg/7.50スイスフラン。どちらも、土曜の朝市で購入。
 
ちょっち冷やして食べたら、どっちも甘くて美味しい♪
 
こう、暑い毎日が続いていると食欲が落ちるし、大体、料理する気にならないw 夕立が来るよ来るよと予報は言ってるけど、肩透かしだ。
 
食欲は無いけど、体が資本w 体力温存よ。
今日のランチは簡単に手早く出来るようにと、昨日、市場で白身魚を買ったから、それをソテにしたのに、トマトとケーパーを使ったソースをかけて、ポテトと夏野菜を付けた。後は、ミックスサラダ。
 
白身魚は、塩・コショウして小麦粉をまぶし、チャチャッと火を通し、ソースの作り方は簡単。高原トマトの皮を湯剥きしたのを1cm角のダイスにしたのをオリーブオイルでサッと炒めて、そこへケーパーを適量放り込んで、塩・コショウするだけなの。サッパリしてて美味しいわよ。
 
ぇ?画像無いのかって?食べ始めちゃって後の祭り。次回ねw
 
 
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006071401005417.html
こんなニュースが。日本でもニュースになってるのね。アイガーの外観が変わっちゃうようなことは無いんだけど、グリンデルヴァルトの村は砂塵で大変だそうだ。
 
こないだ、ゴッタードで落石事故があって人身事故があったばかりで、今回はアイガー。地球の温暖化のせいだそうだ。
 
このまま行くと、2050年にはここは地中海並みの気候になるんですって。
でも、今、充分、地中海っぽいけど?多分、冬場のことを指してると思う。2月に、ニースへ遊びに行ったんだけど、あそこへ行ってパピルスとかゴムの木が外に植えられてるのを見るにつけ、あったかいとこなんだなぁって思うの。
 
きっと、スイスも4,50年後には、庭にゴムの木やパイナップルやアボカドの木なんて植えられるようになるんだろうか。

 
 
banner_02.gif
posted by ひよ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

Carlina acaulis

P1010131.JPG
Carlina acaulis, C. simplez / Asteraceae
カルニナ・アカウリス
キク科カルリナ属
7〜9月
800〜2600m
スイス全土(ミッテルラント地方南) 牧草地、潅木地、やせた土地
5〜20cm

 羽状の葉がロゼットに広がり、トゲが多く目立つ。
 頭花は径5〜12cm。総包は白くて光沢があり放射状に広がっている。赤味がかった色の管状花だけで成立つ。

参考文献(左):  スイスアルプス高山植物ポケットガイド(岡田希代子著)
タグ:高山植物
posted by ひよ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Myosotis sylvatica

wasurenagusa.JPG
Mysotis sylvatica / Boraginaceae
ミソティス・シルバティカ
エゾムラサキ
ムラサキ科ワスレナグサ属
4〜7月
1400〜3100m
スイス全土、湿った草原、森林
20〜40cm

 基部の葉はさじ形、茎葉は倒披針形状で長さ2〜6cm。茎上部の葉はやや茎を抱く。葉、茎には繊毛が目立つ。
 径5〜7mm大。淡青色(ピンクに変色することがある)の花弁が5枚開く。中央には黄色の花芯があり、そこから放射状に白い線が数本見られる。花後、1.8mm位の先が丸い実をつける。

参考文献(左):  スイスアルプス高山植物ポケットガイド(岡田希代子著)
タグ:高山植物
posted by ひよ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

岳紫陽花

picture00397.jpg picture00398.jpg
 
岳紫陽花(ガクアジサイ)

お客様をお待ちしている間に、あぁ、岳紫陽花が咲く季節なんだなぁと思って、携帯で撮ってみた。
携帯画像だけど、結構、良く撮れてるわね?って手前味噌?
フィアヴァルトシュテッターゼー湖畔(Inseli公園): 海抜436m地点で。
 
いつも、こんなに暑いの?Fussen(ドイツ)から来たTC(添乗員さん)が聞いた。
そう。こんなに暑いのよ。2003年と同じくらいな夏。つまり、猛暑。
 
スイスの冷房事情は?と聞かれるので、2003年の猛暑以来、一般家庭でもクーラーを入れる傾向にある。家電売り場では、クーラーが並んでいる。
昨夜のニュースで、この時期、電力の消費量が急に36%もアップしたと言う。クーラーを取り入れてるっせいだと言っていた。設置するのに、大家の許可はちゃんと取っているのだろうか?
 
昨日午後、髪結いさん(母が言っていたこの言葉は、ホント素敵で私のお気に。でも、結いに行ったわけじゃないのよ。カットだけw)に行った帰りに、市バスで隣に乗り合わせたスイス人女性が私が扇子で扇いでいるのを見て、「ホント、扇子必要よね?素敵」と言われた。だから、私は、彼女の分も扇いで上げたw
 
「これって迷惑じゃないでしょうね?」(だって、パタパタやるから)と聞いたら、「全然、だいじょぶよ〜」とレスが。
どうやら、彼女の住まいは屋上階。「暑いったらない!」と言っていた。
 
げげげ・・・ペントハウスって言うの?暑いだろうな!眺めは良いだろうけど、この時期、つらいかも〜
 
boot.JPG
 
それでは、ちょっち涼しげな景色をね♪
 
 
banner_02.gif
posted by ひよ at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

クリニークでかぶれて、顔用(敏感肌用)日焼け止めクリームについて

sonnenschutzcreme.JPG今まで使っていたRicci White(一番右、これは、近所のエステで手に入る。顔用でSPF30)が無くなりそうなので、今度は、Vichyのを買ってみた。

左から、パッケージ、中身。そして、無くなりそうなRicci White。

Vichy社製で、50ml入り27.90スイスフラン(Anti-UVB LSF 50+、Anti-UVA PPD 20)

98年夏に某Clinique社製のCity Block SPF25で、ひどい目に遭ってからは、日焼け止めは大抵、Vichy社製って決めている。

話せば、なが〜くなってしまうので粗筋だけw

実は、皮膚科へ行くくらいにまでなってしまったの。鼻の周辺から始まって、口の周りまで・・・要するにかぶれてしまったの。

ガイド業って、屋外の仕事が多いでしょ。それに、バスの一番前に座る。あそこは、日差しが凄い上に、グリルみたいに暑いのよ。日焼け止めは、必須。

確かに、使い始めて直ぐに、鼻腔の下のところに発疹がポチリ。当初は、吹き出物かな?くらいに思っていた。まさか、日焼け止めクリームのせいだなんて思ってもみなかったわ。アレルギーテスト済みってあるし・・・でも、化粧品変えてないしなぁ。でも、あんまり、深くは考えてなかったってのがホントのところ。

太陽アレルギー?以前は、そんなことなかったのに?でも、突然、そうならないとも限らないってことも言われた。そして、発疹は鼻の周りから、顎の方まで(主に左側)広がる一方でついに皮膚科のお世話になったのだ。

近所の皮膚科医院へ通院し、抗生物質を投与された。これも効かないし、あれも効かない。
もしかしたら、日焼け止めクリームのせいかしら(そう思っていたなら、止めればよかったのにってのは後の祭り)?とドクターに尋ねたら、『アレルギーテスト済みだもの、そんなことはない』って。

化粧もしていて構わない(人相手の仕事だから、スッピンじゃまずいでしょ)と言われたし、赤くなった部分にはグリーンのコントロールカラーを勧められた。確かディオールのだったと思う。これは、買わなかったけどね。このドクター、大丈夫かな?と思い始めてもいたし。

3種類の抗生物質を次々に与えられたけど(9月から通院して12月までね)、埒が明かず、終に、ドクターは首をひねっちゃった。

ドクターは、私にチューリヒ大学病院の皮膚科へ行くようにと紹介状を書いてくれた。

続きを読む

2006年07月13日

ロイスの河辺のスタバ

m11.jpg昨日のランチは、仕事の合間を縫って友達たちとロイス河辺のスタバで会った。このスタバは、6月23日にオープンしたばかり。
 
郊外に住んでいて、旧市街で仕事をしている友達は、車通勤をしているせいか、ロイス河辺まではなかなか来ないのか、「どこにあるの?」か知らなかった様子。
 
いや、新市街に住んでいて、しかも、仕事でしょっちゅう通っている私が知らなかったんだから、人のことは言えないわねw
stabu1.JPG stabu2.JPG stabu3.JPG
1階のカウンター、その真後ろにあたるところに、色々グッズが並んでいる。
 
stabu4.JPG stabu5.JPG
店の奥から見たカウンター内。それと、サンドイッチやケーキの並んだケース。
 
stabu6.JPG stabu7.JPG
 
この暑さだから、Frappuccinoが大繁盛?!w
サンドイッチ、ケーキ、クスクス(おかしいわけじゃないw)などなど。
 
集まるにせよ、どこにしよう?タイ飯屋orManorってデパートの屋上のセルフはどうか?とランチオフの言い出しっぺの友達Aに対して最初にレス入れたのが私(多分w)。
 
この暑いのにタイ飯屋って気分じゃなかったのよねw
でも、友達Aは「Frappuccinoが6.80よっ!?」ってビックリマークだったけど、マックのチーズバーガーロイヤルが6.90なんだから(無茶な比較対象?w)、相場なんじゃないの?と思った私。
 
意義を唱える者もなく、集まったのは5人。ロイス河辺のスタバの2階に集合。
ライオン広場近くに、初代のスタバがあるけど、そこより、こっちのが良いわねぇ。
 
話題は色々。ジダンの余韻がまだまだあって、私たちの想像は尽きないw
 
Rathausquai 9
6004 Luzern
Tel  +41 41 410 78 06
Fax +41 41 410 78 07
 
月〜水曜日: 07:00〜21:00
木〜土曜日: 07:00〜22:00
日曜日:    08:30〜21:00
 
gelati.JPGさて、話は尽きないけど、それぞれ、昼休みが終わり解散。
 
外へ出たら、「おろ、ビックリ!」。アイスクリーム屋さんが出来てた・・・いつ、出来たんだろね?w
 
そう言えば、工事してたっけ。ここってば、以前、ブティックだったんだわ。
 
で・・・またまた、友達Aがw、「ここ冬になったら、なんになるんだろね?」とw なかなか鋭い発言なのである。
 
もう、何年経つのかな?ワイン広場にHäagen-Dazsが出来て、それでも、2,3年営業してたかしらね。でも、撤退しちゃったから、やっぱ、スイスじゃ1年通じてアイスクリーム屋ってのは、無理なのねって思ってたら・・・あっ!そうだ。2003年(猛暑)まで、持ちこたえていたら、今でも営業してたかもね。
 

banner_02.gif
タグ:カフェバー
posted by ひよ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

7月の爪

tsume072002.JPG今月の爪は、スクエアじゃなくてオバールにして貰った。ずっと、四角いフレンチだったので、ちょっち、気分転換に。
 
最初は、こないだの水玉のまんまでA色だけ変えようかなぁって思ってたんだけど、Viki(ネイリスト)の爪を見たとき、良いなって思ったのよね。で、アクリルとジェルの形成やフィリングの違いを聞いてるうちに、もしかして、Vikiのと同じのをやって貰ったらどうかしら?って。
 
聞いたら、出来るわよ、お安い御用よと来た。よっし。じゃぁ、お願いします!って運び。
 
実はね、友達が初めて(フレンチで)このシェイプにして来た時は、Angle HeartのCypher(ロバート・デ・ニーロ)の爪を思い出して、ついついからかってしまったのw
 
だって、ホントに似てたってか、そのものだったんだもの。まぁ、ジェル加工じゃなかったから、こんなに光沢はなかったけど、Cypherがゆで卵を剥いた爪がこのオバール型だった。
 
(因みに、これより、先端に向かってもっと細くなるのは、スティレットーって言うんですって)
 
でも、友達のお初のオバールお試し結果は、今月の私の爪みたいなパターンは入ってなかったから、余計、Cypher。
 
いやぁ、デ・ニーロの付け爪、結構、インパクト強かったもんw
興味のある方は、エンジェル・ハートのDVDを借りてみる?w
(共演は、猫パンチのあのミッキー・ローク。あの頃は、彼、可愛かったのにねw)
タグ:ネイル
posted by ひよ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

スイス人て野菜食べないんですか?

unterderegg Kopie.jpgと聞かれることがある。はい。食べますよw
ベジタリアンだっているんだからっ。

じゃ、なんで行く先行く先で出される食事には野菜が少ないの?

そりゃ、そう言うメニュを旅行代理店が組むからだわ。
聞いた所によると、パッケージツアーの場合、一まとめで幾らと言うバジェットがあって、その中から食事代も割り振られると言う(色々なパターンがあるから、コレ!とは言わないが)。

特に、野菜を多めに召し上がりたければ、別に頼めばよろしいのだ。自腹になるが。

picture00177.jpgぁ、そう言うことじゃなくて、野菜少ないなぁって思ったんです、とおっしゃる。
そうだなぁ・・・サラダが野菜って感覚があるかも知れない所はある。


後、リンゴは万能(お腹にたまるし、体に良いし)だから、皆さんにはスーパーでリンゴを買うとよろしいと勧めている。勿論、他の果物でも良い。

 

(このサラダは、春先のほんの少しの間の期限限定ハーブサラダで、うちの近所のHelvetia Gartenに毎土曜日立つ朝市で買う。花は、甘みがあってとっても美味しい。牛って美味しい物食べてるんだな〜って思ったりw 勿論、牛が放牧されているところとは、別手配よ。念のためw)

だから、『外食ばかりでは、どうしても偏り勝ち(日本でもそうでしょ?)お野菜不足と感じられたら、スーパーなどでリンゴや他の果物(野菜だと下ごしらえが要るけど、果物なら直ぐ食べられるものね)を買っては?』と申し上げる。


朝市に市内観光がかち合えば、今なら、チェリーがとっても美味しいし(1kg辺り9.80スイスフラン程度)、アプリコットも良いわね。

そして、整腸には、ヨーグルトがよろしいかと。嫌いじゃ、しょうがないけど。レジのところでプラ製のスプーンをくれるから、聞いてね。

勿論、一流のホテル(眺めの良い側の部屋)、豪華な食事付きetcと選んで行ったら、結構なお値段になってしまう。
私自身、休暇中は、アパートを借りれば自炊できるけど、やっぱり、折角のホリデーだもの、外食にすることも多くて、そんな時は、果物でビタミン補給するし、疲れてきてるかも?と思えば、カルシウム&マグネシウムを錠剤で補給する。


それから、パッケージツアーの良いところは、一定のお決まりのコースとは言え、それを個人で行ったら到底出来ない破格値段で出来るところにあると思うんだけどな。


飛行機の席だって専用枠があるし、ホテルだって旅行代理店はシーズンごとに相当数の部屋を押さえているのだ。

お値段を伺うと、私が1人で里帰りするのと比較すると格段にお安く、良いホテルにお泊りになれて、しかも、3食付!凄い凄い!

初めての海外旅行だと、不慣れなことが多いけど、何か思ったことと違ってたりしてもプラス思考で、楽しんでいただきたいし、『スイス人て野菜食べないんですか?』とか聞いてくださってかまわないのよね。
 
でも、お天気だけは予約・予測不可能ですからね〜w
 

banner_02.gif
posted by ひよ at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

Digitalis grandiflora

digitalis.jpg
Digitalis grandiflora, D. ambigura / Scrophulariacea
ディジタリス・グランディフロラ
オオバナディタリス(特別保護指定されている植物、毒性のある植物)
ゴマノハグサ科ディジギタリス属
6〜8月
800〜1900m
スイス全土 草原、岩磔地、養分の多い土壌
30〜80cm

 披針形で歯鋸があり互生してつく。
 長さ3〜4cmの淡黄色の鐘形花冠を総状でつける。花冠の内側は茶褐色の斑点があり、裂片は唇形のようで下唇が3浅裂して開き、上唇は2浅裂する。

参考文献(左):  スイスアルプス高山植物ポケットガイド(岡田希代子著)
タグ:高山植物
posted by ひよ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

夏の国際音楽祭

6月11日の記事でも触れたけれど、8月10日からルツェルンのミュージックフェスティバル週間が始まる。
 
NIKKEIの国際コラムにこんな記事が!と言うタレコミがあったので、またまたアップ。(fineさん、ありがと(^_-)ネッ)
 
プログラム(ドイツ語版だけど、見てみてね)は、こちら
 


山と湖に囲まれた美しい街ルツェルンで60年以上続く伝統の『ルツェルン音楽祭』は、 毎年10万人以上の観客を集める大きなイベント。 一流の演奏家の公演連日続く夏の音楽祭はとくに注目の的で、質の高さにも定評がある。今年のテーマは、「言語」。
 
ルツェルン音楽祭は、世界を代表する夏の音楽祭のひとつで、ルツェルンの音楽協会の歴史は長い。
 
1806年6月27日、スイス音楽協会がLöwengrabenのカジノルームで設立され、同協会主催によりルツェルン国際音楽祭の前身が組織された。これら祭典は、数日間に渡って開催されスイス各地から音楽愛好者を惹きつけ、そのスケールはしばしば盛大なものであった。
 
ルツェルンの音楽生活で最も重要な役割を渡してきたのは、ルツェルン音楽協会であり、市民の音楽に対する関心を育成し高めるという設立目的に従って、定期シンフォニー・コンサートを組織し、現在もその機能を果たしている。
 
ルツェルンの文化面への強い関心の証拠として、1839年11月7日に市民劇場が開かれたことも挙げることが出来る。この劇場は、その規模と単純な輪郭によって現存の美しい建物の一つとなっている。
 
丁度100年後の1938年に、国際音楽祭を開催するという計画が実現し、市の文化的視野がますます拡大し、市に芸術活動の新しい側面を与えることになった。
 
参加者に対して初めから最高の水準が設定され、最も識別力ある聴衆を前にして世界的有名な指揮者、第一級の独奏家、スイス最高クラスのオーケストラ、有名な外国のオーケストラ及び地元の優れた合唱団が音楽を提供した。
 
ルツェルン国際音楽祭を最高レベルに押し上げることで誰よりも多く貢献したのは、恐らくトスカニーニとスイス・フェスティバル・オーケストラであろう。
 
1939年には、トスカニーニはイエズス教会の壮麗なバロック建築を背景としてヴェルディ作「死者のミサ」を指揮した。
 
名指揮によるこの比類なき演奏を運良く聴いたものは、その感動の記憶を常に慈しんでいることであろう。
 
フルトベングラー、カラヤンも国際音楽祭に参加した有名な指揮者であり、彼らのダイナミックな指揮によって音楽祭を比類なき美しい音楽演奏の場として盛り上げた。
 
高水準の音楽教育への要求に応えて1942年には音楽学校が設立された。その後、学校は大いに発展し、1952年には、いくつかの幸運が組み合わさった結果、惜しげ無く遺贈されたDreilindenの敷地に移ることが出来た。
 
ここの建物は、市の素晴らしい眺望が得られる魅力的な公園の中にあり、ここで学校はルツェルンを音楽年の中で最も進んだ都市にするため大いに力を発揮している。
 
1943年より、特別の「マスターコース」が開設され、音楽祭、コンサートなどに出演した著名な独奏者を招き、それぞれの楽器について学んでいる学生達に秀れた演奏技術を教授してもらっている。
 
これら専門の演奏は、公開の場で行われるものの、学生達と非常に親密な関係で行われ、聴衆が増加しているにも関わらず、大きなコンサートホールと全く違った雰囲気が維持されている。
 


追記として:  上記の内容は、初版はWalter Steebi, Adolf Reinle, Max Türlert, Heinrich Wolft および  Eduard Ziehlmannの諸博士が執筆にあたったルツェルン市の紹介書のBruno Rüttimannによる改定4版の1971年版を基に書かせていただいています。


 
banner_02.gif

タグ:国際音楽祭
posted by ひよ at 03:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

バスタブでダメなら洗面台で

緊急の仕事と言うのがある。
私は、中心地に住んでいるので緊急の仕事が入ることが多々ある。

昨夜、メインのグループの方たちはパレスホテルにお泊りだけれど、ご夫婦一組とグループの添乗員さんだけがシュヴァイツァーホフに泊まるのでチェックインヘルプをお願いとセう仕事があった。

明らかに、パレスのオーバーブッキングの賜物(?)である。 

私は、シュヴァイツァーホフのロビーでお客様をお待ちした。チェックインのヘルプである。ミート時刻は、23時。

空港アシスタントから電話があって、21:45くらいにクローテンを出たと連絡があった。
私が自宅を出たのは、22時35分。ホテルまで歩いて10分足らずだ。

バス到着。

ツアコンさんとお二人様が降りて来て、私へとバトンタッチ。そして、パレスでのチェックインの為にツアコンさんは行ってしまった。

ウェイクアップコールなどの手配をフロントで済ませ、お部屋にご案内したら、そこはジュニアスィート。
シュヴァイツァーホフって2年前に2年間閉めて改築したのよね。
だから、つまり、新しいのよ。

仕事柄、あちゃこちゃのホテルの部屋を見て来てるけど、素敵なお部屋だった。

お部屋で改めて、朝食の場所やデパの時刻や内線や外線の使い方をお伝えした。

そうこうしていたら・・・ご主人の方がお湯のチェックに行かれた。

『お湯出ないよ。こんなにぬるくちゃ風邪ひいちゃうよ〜ッ!』 遅くにホテルに着き、お疲れなのかナーヴァスな様子である。

(こんなことはおくびにも出さないけれど、実は、私も連日の早朝から深夜までの仕事で疲れがたまっていて、ご主人のイライラ度に敏感になっていた)

おろ?んな筈はない。お湯が出ないなんて筈無い。

大昔w、日本人が宿泊するホテルは、軒並みお湯が無くなったものだ。それは、みなが一気に風呂に入るから。バスタブ一杯(昔のバスタブは大きくて、バスタブ一杯ためたら150リットルくらい必要だったでしょ。それが少なくとも100リットルの湯が必要?20人の日本人がその日泊まっただけで、2000リットル行っちゃうってことよね?

で、当時は、1日のお湯の供給量が決まっていたのである(追い炊きがそう簡単に追いつかなかったってこと)。

だが、きょうびそんなホテルはない。しかも、改築したばかり。でも、私が確認してもぬるかった。これでは、私だって嫌だ。

マダムが『こちらの方はお風呂には、余り入られないの?』と聞かれる。
『一般的にはシャワーですねぇ。お風呂って、腰湯とか、病気の時のものみたいな感覚が今でもあるんじゃないでしょうか?』と私。
私ってば、今年は何回、バスタブに浸かったろう?片手で数えられるw

ご主人は、部屋を替えさせろとおっしゃる。
でも、ボイラーって一箇所だから、他のホテルって訳には行かないでしょう(こんな真夜中どうすんの?)・・・と控えめに言ったら、『いや、部屋によって違うんだよ。経験上知ってるんだ』とキッパリおっしゃった。

当然ながら、コンシェルジュに電話で打診。
今年から日本人のI君がいる。私は、当初、ビックリした。余りにも滑らかな日本語にw 『あなた、ホントの日本人なの?』と。

彼にしたら、失礼な質問だったかも知れないけれど、ほれ、日本人でもどこそこ系の顔立ちってあるじゃない?彼は、中国系に見えちゃったのよねw 

『お湯出ないんです。有りえないと思うけど、困ったわ』と言ったら、I君が『お湯が出ない??係りのものを向かわせます』と言ったので、その旨をお客様にお伝えした。

その間、マダムが手を洗いに立ち、じゃあ・・・TVを観たいとおっしゃるので、日本語放送が無いのでCNNをと言うのでつけて差し上げて、係りのものってのを待ったけど、そこは日本とは違い?なかなか来なった。

そのうち、ご主人がバスルームで手を洗ったら、『こっち(洗面台)はお湯が出るよ!』とおっしゃったので、(ぉ?)私が再度、バスタブの方のお湯を出したら・・・

『あら?お湯?しかも熱い』w

良かったですわね?と、私がI君に「係りのもの」はもう要らないからと電話しようとしたら、マダムが冷房を切って欲しいと。
そう、改築した折、全館、クーラーが入ったのだ。

昔ながらの老舗ほど、クーラーが完備されていない。と言うのも、昔はクーラーなんて必要なかったからって言うのと、外観を損ねるからと言う理由から、許可がおりずに設置できないと言うケースがある。

クーラーを切って差し上げて、改めて、『ごゆっくり、お過ごし下さい』と申し上げて、帰路に着いた。

ホントに一時はどうなることやらと思った。
自宅に戻ったのは、23時30分。

 
名言: 押してもダメなら引いてみな
バスタブでダメなら洗面台で・・・_(..)_ オソマツ!w

(Hotel Schweizerhofのご紹介はまた別手配にて)
 
 

banner_02.gif
posted by ひよ at 04:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vanish

vanish.JPGこれは、白物洗濯専用シミ消し洗剤(粉状)を発見。
 
いつもは、これのピンクの入れ物入りの方を使っていたの(白いのにも色物にも)。
 
普通の洗剤に加えて、専用スプーンに30mlほど足せば、落ちにくいシミ対策になるわよ〜ってな、洗浄強化剤みたいな役割を果たす優れもの。
 
Pick Payにて、500g入りが7.90スイスフラン。
 
まだ、買ったばかりで試してないんだけど、ピンクのボトルの方は、今にして思えば色物用だったのかしら?古くからあるEnkaと同じ乗りで使っていたけどね。
 
白物ソックスの油染みって言うのかな?が確かに、薄くなってくのが分かるのよね。
 
で、今回、白物専用ってのを初めて見て、思わず買っちゃったの。
本来は、そろそろ、白物専用洗剤が無くなりそうだなって思って洗剤の方を買いに行ったのよ。
 
この時期、洗濯物が乾きにくいじゃない?
私はアパート住まいで、洗濯は地下の共同洗濯室・乾燥室を使ってるの。
ヒーターが入ってる季節だと、乾燥室に干しておけば一晩で乾いちゃうのに、この時期、ヒーターは切ってるから、なかなか乾かない。
 
(苦肉の策ってほどではないけど、中庭の方のバルコニに干すこともあるけど)
 
タオル、リネンやシーツ、肌着は乾燥機に入れてしまうけど、Tシャツなど入れたくないものもあるでしょ。
 
この場合、40℃洗いなんぞの場合は、絞りが甘いのか、乾きにくいのね。
小物なら兎も角、Tシャツなんぞは、うっかりすると雑菌臭くなっちゃう・・・年々、湿度も高くなってるし。
 
そうなっちゃったら、アイロン掛けたって意味ないじゃない?アイロンで除菌って考え方もあるけど、雑菌臭くなっちゃたら洗濯しなおすしか無い。
 
(ぁ・・・たま〜に見かける雨の日もそのまま状態の洗濯物(屋上)・・・あれって乾くまで放置なのかしら?雨水にさらされた洗濯物が乾いた後って・・・どんなのかな?)
 
だから、日本のTVコマーシャルで観た洗剤が除菌効果もある!なんて言ってたのを思い出して、ストアを探してみたら、『グレーにならない!』ってコピーが。
 
そう。こっちは、水が硬質だから白物が段々、黄ばむんじゃなくて灰ばむの。それが無くなる!って謳い文句ね。ほぉ〜、変わったもんだわw
 
こう言った定番商品って、十年一日の如く代わり映えしないのが当たり前みたいだったのにw、近年、変わって来てるわけねぇ。
 

banner_02.gif
posted by ひよ at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・優れもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

なんちゃって盆栽復活編

TreeDoctor、ありがとう!なんちゃって盆栽復活編です。
 
bonsai1 Kopie.jpg bonsai2 Kopie.jpg 
 
TreeDoctorご伝授の通りにやってみました。土は、近所のガーデニングショップで盆栽用の土を買おうかと思っていたのだけれど、この木が幼かった頃住んでいた近くの森の土を少々頂いてきました。
 
健気〜♪
posted by ひよ at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーゲン?

エーデルワイスも売り出し中w
 
picture00391.jpgエーデルワイスが近所のスーパーで安売りされていたので、早速、携帯で撮ってしまった。
 
他にもバルコニ用・花壇用の花の鉢植えが並べられていて、4.50スイスフランが今なら2.80スイスフランですよって。
 
Aktionって、キャンペーンって意味。
 
いっくら、買って?って妖精が囁いて来たとしても(違うかw)、エーデルワイスは、可哀想過ぎて買えないかな・・・だって、直ぐにドライフラワーになってしまいそうで。
 
ぁら?既にドライフラワーみたい?w
 
 

banner_02.gif
posted by ひよ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

土砂降り

ルツェルンなどの街のLive Cam(リンク参照)のご紹介。これってとっても綺麗w
 
連日のもの凄い夏の中休み。
降り始めたのは、19時過ぎ。ポツリポツリ・・・がズァ〜〜〜ッと来た。
 
地上は、もの凄い降りようだし、横殴りの雨。
雷なんて、空雷から始まって大サービス。凄いんだから。
 
気温がグッと下がりそう。
タグ:天気

Restaurant Fritschi

Fritschi Kopie.jpg

Sternenplatz 5  
6004 Luzern
Tel  +41 (0)41 410 16 15
Fax +41 (0)41 410 29 15
 

1602年以来、スイスの郷土料理を提供している。

毎日 11:00〜00:30

 
ちょっと便利と思うので一言: Fritschiでは、前もって予約を入れておかなくても、当日、フォンデュ・シノワーズが食べられる。
 
これは、経験上言えることで、ある二人連れの個人旅行の方たちがシノワーズが食べてみたい、どこが良いかな?と言うので探したのだ。
(私ってば、ここ何年もシノワーズと言えば、クリスマスに自宅で食べてるので情報に疎かったの)
 
郷土料理で『ここなら!』と電話打診したRebstock(追って、ご紹介します)とdes Alpesには、事前の予約(塊り肉を凍らせてから薄切りにするため)が必要と言われたことがあり(事前の予約ってのは、直前じゃダメってこと)、2番目に電話したdes Alpesに断られた時に、困っちゃって、他にどこかでシノワーズが食べれそうなところはないかしら?と聞いたときに、Fritschiなら?と教えていただ「たのだった。
 
フォンデュ・シノワーズと言うのは、スープの中で数種類の薄切りの肉をシャブシャブのようにして、5種類ほどのディップのようなソースをつけていただくもの。

 
地図
 
 

banner_02.gif
タグ:レストラン
posted by ひよ at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

ドンチャン騒ぎ

今でも、ドンチャン騒ぎなんて表現するんだろうか?
 
イタリアが2:0で勝ち越して、今、外は大騒ぎ。
 
私は、新市街側に住んでいるんだけど、みんな、白鳥の広場に大集合なんだろうなw もう、クラクション鳴らしながら、往来ウルサイッたらw
 
2時くらいまで、うるさいかも?
 
スイスも敗退しちゃって、ブラジルもいなくなっちゃって、W杯つまんなくなっちゃうかなって思ったけど、良いマッチだった。今日のイタリアのプレーは今大会中で最高の出来だったって、マッチ後のインタヴィユーでベッケンバウアーもペレも誉めてた。凄い凄い!
 
延長戦後半の最後の3分はドラマチックだった!

 

しかし・・・スイスが勝った時もこんなに騒々しかったっけか?やっぱ、陽気なイタリアン(系)だねw
 
さて、寝よっと。

続きを読む
posted by ひよ at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑中お見舞い申し上げます

KLEINE-FURKA-HORN-17.JPGふぉ〜ッ!何みてんのよっ?!と言ったかどうかw
 
いつも、ここを見てくださる皆さま、暑中お見舞い申し上げます。
羊ちゃんも暑いって言ってます。
 
Klein Furkahornで見かけた羊ちゃん。どうやら、←彼がボスっぽく見えたな。 Klein Furkahornは3026mとあるけれど、この地点はもっと低い所だと思う。

真夏だけど、ムクムクと毛皮着ているのは、朝晩はとっても冷えるからなのよw
 
KLEINE-FURKA-HORN-17.JPG野生じゃなくてね、近所の酪農家さんちに属してるから、ベルを付けているの。
ベルは、その家ごとに柄とか違うのよ。
 
だから、放牧。
 
 
 
 
 
KLEINE-FURKA-HORN-16.JPGママ、お腹すいたのっ! 
 
素晴らしい夏です。2003年並かな(欧州各地猛暑でした)。
 
 
 
 

 

Klein Furkahornは、Uri州にあります。 
 
 
banner_02.gif

posted by ひよ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

朝市

m1.JPGルツェルン市では、毎週、火・土曜日、ロイス河岸に朝市が立つ。
 
7月1日は、毎年、この時期恒例の(6月最終土曜日か7月始めの土曜日)オールドタウンフェスティバルがある。しかも、今年は、30周年目と言うことで、盛大だったようだ。
 
画像の一部には、青と白の風船が見えるが、これは、ルツェルンの州旗の色。
 
ピラートス山と新市街側の河岸。
 
 
 今日は、画像満載よ〜!
 お店の方がカメラ目線の画像は、お断りをしてから撮らせて貰ってるからw こっち、向いて下さいました。 
 
m4.JPGちょっち、タイミング悪かったかな。怖い顔になっちゃった^^;
快くOK下さいました。
 
カペル橋の(旧市街側の)橋のたもとにあるチーズ屋さん。 
 
 
 


m3.JPG m5.JPG m9.JPG


m10.JPG手作りチーズ屋さん。 

シュターデルマンの美味しいチーズってコピー。 
 
 
 
 

 m8.JPG 
こちらは、手作りパスタ屋さん。
 
ブログと言っても分からないだろうから、HP用に画像が欲しいんだけど、撮ってもよろしい?って聞いたら、快くどうぞって。
 
日本人のお客さんがいっぱい来るかもよ?って言ったら、大いに受けてたw
 
 
 m11.JPG 
ちょっと行かなかった間にスタバになってた・・・
ってか、朝市へ行く以外にも前通ってる筈なんだけど、初めて変化に気付いた。
 
以前は、なんだったっけかな?ヘアサロンだった?^^;
 
 
 
 
 
m13.JPGいつも行ってるたまご屋さん。
最初は、地卵と他少々の野菜くらいしか売ってなかったんだけど、段々、チーズや肉、ソーセージや干し肉、ジャムやハーブのシロップ(自家製よ)、パンや生クリームetc!
 
ブログって言っても、何それ?って言われて説明するのも億劫だったからw HPに載せちゃうからね〜って言ったら、喜んでくれた。左のマダムは、飛び入りw
 
 
    m18.JPG  
エーデルワイスはお好き?

自生してるので、こんなに背が高いのは見たことないなぁ。
専門家が手入れしているには違いないけど、なんとなくひょろりともやしっ子。
 
 
 
 
    
m19.JPG m20.JPG m17.JPG
m23.JPG
 m21.JPG
ひまわり、一束10スイスフラン。二束で、15スイスフランなり〜。 
 
ホントに、夏〜ッ!って感じがする。
 
↑以上の花屋さんは、左岸、つまり新市街側、イエズス教会前にある。
 
 
 
 
m22.JPGイタリアの食料品専門スタンド。
 
チーズ、前菜、ラヴィオリ、サラミ。
 
 
 
 
 
 
 
ホントに夏らしい空の色でしょ?
  
m15.JPG m16.JPG m6.JPG
m24.JPG
 
 
08:30〜翌朝の02:00まで、オールドタウンフェスティバルは続く。
お楽しみ代は、5フラン出して(強制じゃないみたいよ)青と白のクリップ式のバッジを買って、それを襟元とかに付けておけば、街のそこらじゅうの広場のスタンドやテーブルで色々と楽しめる。
 
コンサートとかそこかしこで騒音がw

 
オマケ〜♪
m14.JPG m7.JPG
 

banner_02.gif

posted by ひよ at 05:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

オッと、釣られた〜

telefon.JPG実は、しっばらく前から私専用線のコードレスフォンに雑音(ガァ〜ガァ〜〜ッと)が入り、相手には私の声は届けども、私には相手の声が聞こえなくなると言う現象が多発したので、買わなきゃ買わなきゃと思っていたの。そう思いながら、半年くらい直ぐ過ぎちゃう。
 
←で、釣られて買ったのは、これw


audioline.JPG前のは、Audiolineっての。保障期間中に故障したことがあって、交換したんだけど、ハズレだったのかしらね。
 
 
 


 

6月28日、朝一の仕事帰りにルツェルン中央駅地下街のInterdiscountで、一連のコードレスフォンをためつすがめつ見ていたら、後から、女性が入って来て同じようにコードレスフォンを買うつもりか同じように見出した。
 
そのうち、ショップの男性にコレ(フィリップス)とコレ(パナソニック)とじゃ、こっちはアダプターが付いてて、こっちは普通のコンセント式?なんて聞いている。どっちも、電源はアダプター式なんだけどね。
 
私も同じのを性能など比較検討していたので(だって隣同士なんだもん。しかも、両方とも、69.90を49.90にディスカウント中)、耳ダンボになってしまったw
 
私はと言えば、パナソニックよりフィリップスだよなぁ・・・と思ってたとこだったのよね。
って言うのも、96年に初めて買ったテレファックスがパナソニックので(当時は、出回りだした頃で、ディスカウントされても1000スイスフラン以上出した。はぁ〜、近年家電が安くなった〜)、修繕に1度出すなど、あんまり気に入っていなかったのよ。
 
その後、去年の春の引越しの際、フィリップスのコードレステレファックスを買ったんだけど、これは調子がよろしい。
だから、パナソニックとフィリップスが並んでいるのを見て、スタンバイ時間、電話帳のメモリ数などパナソニックの方が勝っていたけど、フィリップスだなァ・・・と手にしたところで、その女性に釣られたのだw
 
確か、フィリップスの方は、シルバーグレイのボディだったと思う。↑の画像には、白いボディのもあるみたいだけど、ショップには黒しかなかった。
 
売り場の担当のお兄さんは、とっても感じの良い人だった。
『さっきの女性が買ったのって、コレよね?』って聞いたら、『そそ。僕も使ってるんだけど、丈夫ですよ。落としても(落とすのかw)、ちょっとやそっとじゃイカレないから〜(^_-)』って。
 
このショップのマネージャー氏は、あんまり親切じゃないのよ。
前に、友達のお付き合いでDVDプレーヤを買いに行った時に、友達がUS版、日本版とスイス版のDVDを映させて欲しいとお願いしたら、なんか嫌そうだったし、確かUS版が映らなかったのかな?(リージョンフリーじゃないってことよね)そしたら、映らないね!ってサッさと仕舞っちゃのだったw これって潔いって言うのか?w
 
で、その足で街なかのGrendel通りの方のショップへ行ったら(結局、目的の安価なDVDプレーヤが売り切れていたので次回の機会を待つって結果だったけど)、そこの担当の店員さんもとっても親切だった。
 
他の支店に、もしかしたらあるかも知れないから、電話で確認をお願いしたら、快く電話してくれたし。
でも、結局なかったの。それで、同じくらいの値段で、こう言うのもあるけど、どぉ?って感じで勧めてくれたりもした。
店頭に出してないけど、倉庫にあるからって、わざわざ箱を開けて設定したりしてくれて、勿論、3種類のDVDが映らなかったら意味ないから、これも確認した。
 
が・・・結局、リージョンフリーじゃなかったのね。それで、友達に『今のだって、まだ映るんだし、もう少し待ってみようよ』と言って諦めて、『親切にやって貰うと買ってあげたくなっちゃうよね』と言いつつ、友達は、その日はS-ケーブルだけ帰って来たけど。
 
これには、後日談があって、その後、ものの数日で友達はDVDプレーヤを手に入れた(Grendel店で)。他で友達と共同でやっているブログに画像まで付けて、紹介カキコをしてくれた。
 
1148381281.jpgそう・・・丁度買い換えたかった私は、これにも喜んで釣られちゃったのだったw だって、前のThomsonのリモコンが壊れちゃったんだもん。早送りとかするのに、一々立ち上がるのってめんどくない?
 
4年くらい前に買ったんだったろうか?まだ、映るの。唯、リモコンがダメダメなだけ。
唯、市販のDVDは必ず映るけど、日本からのTV録画DVDやそれをダビングしたようなのは、スキップしちゃったりするのね。多分、ちょっとした傷が原因だろうってことだけど、それって結構イライラさせられる。
 

居間にある方のは、昨年4月の引越しの時に誰かがw勝手に買って来たんだけど、どれも問題なく映る。
ん?リモコンの故障の原因?落としてないわよw バッテリも新しいのを入れてみたわ。
リモコンだけ買ったら、100スイスフラン以上しちゃうのは分かってたから、友達のお勧めのを買っちゃったwww
 
1148377783.jpg

私の部屋のTVスタンドは、こんな風で、真ん中の段のがeltaxってDVDプレーヤ(49.95スイスフラン)、上段は、ペイTVのTeleclub専用デッキ、下段が、ビデオプレーヤ。


しかしまぁ、あのマネージャー氏は、あの日、友達に対しての応対がゾンザイだったわね。それとも・・・不機嫌だったのかな。なんか、奥さんと喧嘩でもしてたのかな?

posted by ひよ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのぉ・・・やりづらいんですけど・・・

リピーターのお客様の中には、恐らくは悪気の無い解説をしてくれちゃう方がいる。
しかも、私にピッタリついて来たりするのが定番だw

『あのね、○年前来た時は、こんなだったのよ〜。ね?そうよね?ガイドさん?』 名前は、覚えていただけない。
『あれは、城跡に建てたホテルなのぉ』
『この橋は、93年に燃えたんだよ』
『そうそう。あの塔の上まで登ったんだったわ』etc。

大変、記憶力が優れておられるのはよろしいw ご自身の記憶を再確認される行為を悪いとは言わない。
でも、やりづらいのよ。

リピーターの方は、ルツェルンのような小さい町だから、『こないだもガイドさんついてたわ。自由行動良いかしら?』とおっしゃる方は、私は大歓迎。ショッピングしたいとおっしゃる。
行ってらっしゃいませよ〜v(^^)v 私の楽しい話を聞けないけどね〜w チャオ〜♪

私は、スイスから出ることが少ない。
近場のイタリア、スペイン、フランス、スコットランド、イギリス、オーストリア、ドイツ、デンマークと日本くらいしか行ったことがない。
ぁ・・・遠い昔にアンカレージとモスクワに立ち寄ったことがあったっけ。

世界中を旅行されていて、添乗員さんもタジタジ。或いは、添乗員無しで、現地ガイドのみの個人旅行の方々。
折角のスイスアルプスの絶景を大して見ることもなく、お喋りを続け、写真を撮るでもなく、私の話を聞くでもなく・・・食事は、和食か中華か中心・・・

スイスって、スタンプくれないんですねってw スタンプ集めが趣味の方々のお話だ。

 くれないわよ。
目の前の通り越したところのフランス側、オーストリア側、ドイツ側、イタリア側やリヒテンシュタイン側のパン屋やスーパーへ行くのに、一々、スタンプなんて無いわよw ん?有料ならくれるんだっけかな。

トーンデからドイツへ買い物に行く母子.jpg←一昨年夏の話だけど、デンマークからドイツ(北)国境を越えて直ぐのスーパーへ母子は入っていった。
 んんん?ドイツのが物価安いのかな?

↓国境はあるけど、誰も立ってないわ。

ドイツとデンマークの国境.jpg←北海のお土産屋さんで買った、なんちゃってゴマちゃんw

 (注: 検閲がある国境も勿論あります。でも、見張り小屋みたいなのが建ってるだけで、日・祭日なんて無人なところもザラにある)


ね?お願い。再度、この地を踏むのが嬉しい気持ちは、とっても良く分かる。
ここは心底、風光明媚。ルツェルン市に住んで、早26年。湖と山が直ぐそばにあり、早朝、澄み渡った空と山とこの街は、絶景だ。

keiserwetter.JPG

でもね・・・ガイドがいる時には、記憶の再放送、後ろの方でやり取りしてくださいまっせ。
 

banner_02.gif

posted by ひよ at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津波

UNAMY 
 
picture00389.jpgなんか写り悪いなァ。心霊画像じゃないのよw
 
うちの近所で撮った画像なんだけど、以前、ミニチュア電車を売っていた店のところにUNAMYと言う名の髪結いさんが出来たの。
 
反射が激しくて、津波の文字が見えづらいわね^^;
 
UNAMYと読むのはどこ語なんだろう?
TSUNAMIって、今や、世界語?かと勝手に思い込んでいたのは、私1人?
 
それで、思い出したw
お店の看板じゃないけど、ある夏のこと、『お歳暮』とか描いてあるTシャツを着た上品なマダムをフランスのどこか片田舎の素敵なレストランで見かけた友達が、ツボだったのかなんだか、涙が出るほど笑ってしまったんだって。一緒にいた家族は、いったいどうしちゃったのか?って心配したそうだw タトゥーじゃなくて良かったねw
 


banner_02.gif
posted by ひよ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

Sedum dasyphyllum

sedumdesyphyllum.JPG
Sedum dasyphyllum, S. glaucum / Crassulaceaeヒメホシビジン

ベンケイソウ科マンネングサ属
5〜8月
500〜2700m
スイス全土 岸壁、岩の裂け目
5〜15cm


 長さ5〜7mmの卵形または倒卵円形で無毛、多肉質。茎に互生し、青味がかった緑色をしているが熱を受けるとしだいに赤味がついてくる。
 茎頂にしろまたはピンク色の花冠を散房状に咲かせる。花弁は5〜7枚あり、長さ3〜5cm、中央に脈がある。
 
参考文献(左):  スイスアルプス高山植物ポケットガイド(岡田希代子著)
 


banner_02.gif

タグ:高山植物
posted by ひよ at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

ルツェルンでふしぎ発見?

誰かに似てると思ったら、『黒柳徹子さんだわ』と言われることがしばしばある。
しゃべり方が似てると思ったら、見た感じも似てるのね〜などと言われる。
いえ、似てません。思い込みですわ、マダ〜ムwww

昔から好きな人だし、彼女の本も何冊か読んでいるけれど、自分で似てると思ったことなんて一度も無かったのに。

先ず、言われだしたのがガイドの仕事を始めた頃のこと、仕事の手配と言うのは専ら電話を通じてだから、代理店の方々とは声だけの繋がりだったわけで、ある担当者が『あなた、黒柳徹子さんに話し方がソックリだわ〜。そう言う風に言われない?』と言われた。

いきなりだった感じがして、笑ってしまった。そ、そ〜かなぁ?って。言われたことなかったように思うけど。

確かに・・・私も早口。でも、話し方、似てるかなぁ?
ちょっと調べたら、彼女は乃木坂生まれで、北千束で育ったそうだ。

私は東京の下町の出身。だから、イントネーションとかが被るのかも知れない・・・でも、被るだけじゃ似てるとは言われないんだろうから、声質が似てるのかな?
遠い昔w、日本にいた頃に『徹子の部屋』も観たこともあったけれど、別段、似てるだなんて思ったことはなかったし、家族や近しい友達に言われたことなんぞも無かった。

だから、そう、みんなの思い込みよ。

何年前の話だったか、ルツェルンの友達の1人であるKちゃんのスイス人のご主人が私のことを『そうだ。トットちゃんだ!』と言い出したそうだw 彼は、英語版で読んだばかりだったらしい。大爆笑だったらしいけど、私って大爆笑されるほど面白系?w ぁ・・・ちょっと、変な自慢入っちゃった?w

私も『窓ぎわのトットちゃん』(この本も好きだけど、挿絵のいわさきちひろも好き)は持っているけど、そうかなぁ?あんな風なのかしらね?
確かに、私は面白がり屋だし楽しいことは好きだけどね。本を面白い!と思ったのは確かだけど・・・そうかな?似てるところがあるのかな?
そうね、も一回読んでみよ〜っとw 最初に読んだ時から随っ分経っているもんね。20年も前?w

で、昨日のお客様にまた言われた。『黒柳徹子さんに似てらっしゃいますよね〜?親戚とか?じゃないですよねぇ?』って。

いえいえ、違いますわw
こう書いて来たら、ん?次回、ルツェルンに来たら、私を初めて見かけたって直ぐ気付くって?www

それから、これも何度か言われたのだけど、私って日本のガイドブックに載ってる?らしいのよ。誰か見たことある?w 無いよね。
なんでも、4人くらいで並んで写っていたと言うの。しかも、メールアドレスまで載っていたと言うのよ?!(はい!そこのあなた。本屋さんでガイドブックの立ち読みしないよ〜にw)
確かに、一緒に写真を撮られることはあるし、で、お客様や添乗員の方に名刺を差し上げることもあるけど、それって随分前の話だったような・・・最近は、ばら撒いて無いw

これが1度くらいの指摘だったら勘違いとか、他人の空似じゃないの?と思うけど、いや、確かだとおっしゃる方が何人かいる。
次回、スイスに来る時は、直接ガイドをお願いできるだろうか?とある方は、おっしゃった。

はい。出来ます。では、メールアドレスを差し上げましょうか?(まだ、名刺追加作成してない^^;)と申し上げたら、『持ってますから』とキッパリ。

げげげ?そんなに確かなのか?

まぁ・・・こうしてビックリさせられることもあるw
ううむ。どなたかの投稿記事にでも写っていたのだろうか?

 


banner_02.gif


はぁ〜、一昔前だったら、夕立の後ってなかなか暑さが戻って来なかったもんだけど、きょうび、直ぐ、暑さがぶり返す・・・
では、涼しげ画像をwswansee2.JPG swansee1.JPG

 
posted by ひよ at 07:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hotel Schiff

ロイス河の右岸にあるホテル・シフ(☆☆☆)
 
Unter der Egg 8
6004 Luzern
Tel  +41 41 418 52 52
Fax +41 41 418 52 55
Web http://www.hotel-schiff-luzern.ch/
 
 
料金: 2005/06 4月1日〜10月31日まで
朝食付きで一泊一部屋の値段
 
picture00197.jpg←中央の建物が旧市庁舎で、その左隣がシフ 
 
シングル(バス/シャワー無し) 90スイスフラン
シングル(バス/シャワー付き) 150〜165スイスフラン
ダブル(バス/シャワー無し) 180スイスフラン
ダブル(バス/シャワー付き) 190〜250スイスフラン
 

banner_02.gif
タグ:ホテル
posted by ひよ at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。