2009年01月08日

こいつぁ〜春から縁起が良いッ?

と言うより、タダそそっかしいだけなのかも知れないんだけども・・・

先ずは、2日朝に近所へ買い物に行った時に帰り道だろうと思うけれど、手袋を落とした。
コレに気づいたのは3日朝で、土・日曜日の買出しに出掛けようとしてコートのポケットを探ったら、手袋が片方しかなかったから( ̄△ ̄lll

落としたんだ。前日のあの時、落としたんだ。行きは、はめて行ったけど、帰りははめてはいなかった。
ダウンジャケットの浅いポケットから落ちたんだろう・・・
まぁ、サービスカウンターへ行って、落し物の届出はあったかどうか確認すりゃ良いわと思ってたら・・・店の角の所のドアの取っ手に掛けてあったわ(*^0^*)ノ オォー!! ついてるッ。

それは、昨年、娘から貰った皮革製の手袋だった。カシミアウールの裏地が張ってあって、あったかいのだ。o(^∇^o)(o^∇^)o ヤッタ!

そして、もう1つ。
昨日夜、買ったはずの鼻腔用スプレーがショッピングバッグに入ってなかった。
気づいたのは店が閉まってからだったから、今朝、一応、ダメ元で取り置きされているかどうか確認に行ったら、あったッ
10フラン足らずだし、誰かが持ってっちゃっても仕方ないやと諦めてたんだけどね。ついてたわッ。

それと、もう1つ、ついてるッて思った事件があった。
それは、ほとんど諦めかけてたんだけど夫のお陰ってのもあり、今朝、問題解決したこと。もう、昨年、11月11日から待ってて、途中、腹を立ててショップのお兄さん相手に声が裏返りそうでしたわ。一ヶ月も待たせて、出た答えが『私が何か海賊版ソフトをダウンロードしたから・・・保証書の対象ではない・・・』だとぉッ?!

誓って、私はな〜んにもダウンロードしていない。
一時帰国中は、バッテリ充電のためにノートに1回つないだきり。その後も娘にSMSを送ったり貰ったりで、問題なく使っていた。
そして、成田を発つ時に電源を切って、チューリヒに着いてから電源を入れたらiTunesに接続せよ(過去記事)との窓が出た。通話は出来るか?と思ったら、緊急電話しかできないと。

まぁ、その時点では娘の携帯で夫に電話して、自宅に戻ってからPCに繋いだところiTunesに繋いでるのにウンともスンとも動かない・・・iPhoneの電源を入れ直し、PCを再起動して試してみても同じこと・・・_(-- )フーン
だったら、保証期間中だものショップへ持ってっちゃえと。だって、ショップ(Manor)のお兄さんたちのが詳しいんだろうから。

ショップのお兄さんは、私がやったこととおんなじことをすることしばし。
それでは、修理に出しましょうって。

11月11日に修理に出しました。2週間くらい待ってねと。
向こうから連絡が来るのかと待って2週間も過ぎて問い合わせたら、まだ修理センターから戻って来ていないから連絡を待つようにって。

この修理センター、後からチェックしたらばアップルとは直接関係ない・・・
http://www.teleservice.com/teleservice_departments_switzerland.php

待ったわ。
12月15日付で、ソフトウェアの不具合、修繕不能のお知らせが・・・
受取書を持ってショップへ行ったら、iPhoneの問題じゃなくて私の方の問題なので保証の対象ではない・・・修理センターで要した人件費が51.10フラン・・・

納得行かないわ。誓って、海賊版ソフトウェアなんて断じてダウンロードしてないわ。
第一、そんなことする必要が無い。
そこまで、活用しきってないってのがホントのところか・・・

ショップのお兄さんは、Manorで何も出来ないので、詳しくはに問い合わせて欲しいって電話番号をくれた。
確かに、間に入っているお兄さんを責めるわけにも行かない。
その時点では、私のiPhoneは修理センターから送られて来てはいなかった。受取書に提示されている手数料を払って、初めて送られて来るってこと。

夫に相談して、こんなことがあった・・・でも、納得できない・・・とこぼしたらば、彼が代わりに掛け合ってくれると言ってくれた。珍しい・・・たいていの場合は、私より諦めの良い夫がこの時は掛け合うと。

BaarにあるTeleserviceに電話したところ、担当のお姉さんの受け答えは不親切でひどかったらしい。
結論:  そんなことは、コチラの問題ではなくManorの問題である、とのこと。たらい回しである。

夫は、私に名刺をくれたショップのお兄さんに電話をしてManorとTeleserviceとの問題だと言うことで取り計らうようにしてもらった。(書いたら一行で済んじゃうけど、Manorの責任者と話し合うようにと言ったりで少々時間を要した)
それから、待つこと更に2週間。

この5日にショップから電話があって、お兄さんの力及ばず。でも、とにかくiPhoneを取り戻しましょうって。で、いくら掛かるの?と聞いたら、とにかく取り戻してから何が出来るか考えましょうって。
これを無償にしてくれたら偉いもんだわ。

この事を夫に言ったら、今朝、仕事の空き時間にアップルのサポセンに電話してくれてiPhoneの状態を責任者と話をし、出た答えは私の問題じゃなくて機械の問題でしょうと。修繕費のための出費は止むを得ないでしょうが、問題解決の仕方を教えてくれた上で、それで上手く行かなかったら新品を下さるそうですわ。一度は、諦めかけたけど、ついてるッ
アップルサポセンは、大変、親切だったそうです。

> 問題解決の仕方を教えてくれた

これが私に出来ちゃったら、Teleserviceは私のiPhoneを眺めてただけだったのか?ってことになりますわね。

教訓:  先に、アップルサポセンへ電話すれば良かった・・・

今日のお天気曇り霧0 ℃/-3℃
応援('-'*)ヨロシクるんるんるんるん
banner_02.gif
ファイブ ブログランキング
 iTunes Store(Japan)

posted by ひよ at 16:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
縁起がいいじゃないの〜(^◇^)
でも、電話に関しては人事をつくしたからこその
天命って感じもしますね。
Posted by ムモ丸 at 2009年01月09日 04:18
ムモ丸さま

> 天命って感じもしますね

ホントにねッ
慌てず騒がず?ジッと待ちましたわ。
いえ、タダ待ってただけじゃなかったけど。
カウンター挟んで、ショップのお兄さん相手に声が裏返りそうだったけども、専門家でも責任者でも無い相手に腹立ててどうするか?と声音を抑えましたわよ。

そして出た結果が吉。

iPhoneの不具合が出た時、ついてないッとは思わないようにしました。コレは、何かの教訓であると。なにか理由があるんだ・・・と。(きっと、10年前だったら、こうは思えず暴れてたかもだけどwww)

で、結果は、ついてるッと思えるアテクシですわ(^^)v
Posted by ひよ at 2009年01月09日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。