2009年02月07日

終にありついたと思ったらば・・・

いよいよですねぇ、久々の蒸しムール貝をバケツにいっぱいいただこうかと訪れたのがL'Oursin。
案内役のH女史が『こないだね、11月の終わりに来たのよ。ここね、地元の人たちに愛されてるレストランなの。美味しいのよ〜るんるんとおっしゃる。

(^-^)フフ そうなのね。前菜は、牡蠣とウニだわぁ・・・と。

そのお店の名前は、『L'Oursin(ウニ)』ですわ。

loursin2201091945.jpgお店の前で魚介を売ってます。
嬉しいなッたら、嬉しいなッハートたち(複数ハート)

loursin2201091947.jpg店内は、船の中のようです。
一番乗りです。8時前だから、これから人が入るわよとH女史。

loursin2201092010.jpg loursin2201092015.jpg前菜は、魚介組とサラダ組に分かれて・・・
loursin2201092041.jpgここの鰯は美味しいのよ〜 とH女史とN女史。
魚介がそれほど好きではないけど鯛ならと、C女史。(向こうの端の席にいたので鯛画像無し(^^ゞ)
それと、みんなでイカの唐揚げをつまんで・・・

loursin2201092043.jpgT氏と私とは、ムール貝の白ワイン蒸し。
嗚呼〜 終にッexclamation×2と食べ始めたは良いけど、ありり?こんな味だったっけ?
味がなんだか薄いか?

なんだか一緒に出て来たフレンチフライも素人くさい揚げ方だわ。
私だって、もうちったあマシに揚げられる。

ふと、前の席に座っているT氏の顔を見やると、やっぱり解せないような顔つき。
そこで、聞いてみた。

私ってば、思い入れが強すぎたのかしら?コレ、思い描いてたのと味が違うと思うんだけど・・・?
すると・・・

うん。違う。あなたの気のせいだけじゃない。コレ、味ないよと上下入れ替えたらどうかと付いてきたスープスプーン(これは、蒸し汁を飲むため)で混ぜてみることにした。やっぱり、味が無い。
素材そのものの味が勝負?としても、これは・・・

それでも、なんだか味が薄い。
コレ、失敗する人っていないんじゃないのか?
ムール貝の味そのものが美味しいんだろうし、後は、玉ねぎと塩コショウと白ワインだけじゃない?

ワイン使ってないんじゃないの?

しかし、白ワイン、ケチるかねぇ?あれだけ、バケツ入りムール貝を食べたいって言ってて、連れて来て貰った店の悪口は言いたくは無かったけど・・・

すると、隣の席でH女史とN女史が『前のと味が違うわ』と鰯(グリル)を指して言う。
やっと食べたと言う。

結局、みんな完食したけど(空腹だったからね〜)、なんだか解せず・・・
デザートって気分じゃなくなって来てエスプレッソを頼んでお会計。

loursin2201092112.jpg loursin2201092114.jpgその間、例のごとく?トイレへw
(そのうち、トイレ特集でもしようかしらん)

店を出たのは、9時半頃だったろうか?
結局、私たちのグループと他2組と常連だろう男性1人だけだった・・・
H女史がかつては、その時間になったら満席だったと言う。

なんだか気が済まないH女史。
店を出るときに、英語の話せるウェイターを問い詰めた。

すると・・・実は・・・昨年いっぱいでシェフは、カンヌに行ってしまったと言う。
引き抜かれたんだわね〜 多分。
http://www.restaurant-loursin.fr/restaurant-antibes-english.html

特にお勧めしないけど、生ものだけなら、とっても新鮮で美味しかったですわーい(嬉しい顔)

loursin2301090050.jpgアパートに戻って、ドボンをひとしきりしてから、真夜中にデザート。
あんみつです。いつも寒天を作ってくれるのがT氏。缶詰入りのつぶ餡と缶詰入りのフルーツサラダを使う簡単なデザート。ドボンでの定番です。

今日のお天気7曇り雨5℃/0℃
応援('-'*)ヨロシクるんるんるんるん
banner_02.gif
ファイブ ブログランキング




タグ:Antibe
posted by ひよ at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。