2009年05月31日

Eggberge(エックベルケ)

昨日、30日はウーリ州のEggberge(エックベルケ)へ行って来た。
ベテランハイカーの夫もここは、初めて。
往復5時間ほどの行程。

eggberge3005090935.jpg

Eggbergeインフォ(独)

先ずは、アルトドルフのフルエレンからエックベルク(1447m)へはゴンドラで。

eggberge3005090958.jpg
先ずは、Biel-Chinzigを目指して。

eggberge3005091011.jpg

eggberge3005091056.jpg
Hu:nderegg(1874m)で、一休み。

50分ほど歩いたら・・・
eggberge3005091146.jpg
清水で一杯。
お代は、左隅のハートのところに入れてね。
定価は、ありません。

eggberge3005091146b.jpg
途中、ハイカーのみなさま、腰掛けてシロップをご堪能ください。
そして、パワーアップして再びGO〜な看板が。

eggberge3005091156.jpg
Scha:rhorn(鋏の峰)と言う見た目どおりの名のついた山(3295m)。

eggberge3005091202a.jpg
2時間ほど歩いて丁度12時にレストラン・エーデルワイス(1720m)に到着。
洗濯物もははためいて・・・

本日のヒットメニュは・・・
eggberge3005091219.jpg
Siedfleisch Salat。
ズィードフライシュとは、茹で牛肉のことでスーパーので売られているのとは別物。
美味しかった〜

茹で牛肉を囲んでいるのが、一番上から右回りに、ライス、紫キャベツ、黄パプリカ、人参、根セロリ、スイートコーン、キュウリのサラダ。
デザートには、メロン。
16.50CHF也。

スイス人って、野菜食べないんですか?って質問は無いと思います。

eggberge3005091305.jpg
これから、Chinzig Chulumへ向かいます。

eggberge3005091342.jpg
この画像では認識できないけれど、積雪の上には赤い砂塵が見える。
これは、サハラの砂塵なんだって。


eggberge3005091347a.jpg
頂上に到着(2073m)。
Suworowwegは、文字通り、アレグザンドル・スヴォロフがアルプス越えをしたルート。
Suworow(Wiki)

eggberge3005091347b.jpg
チャペルで、一休み。
先週もそうだったけど、土曜日のハイキングは空いててよろしい。

eggberge3005091348.jpg
腰掛けたところから見えるRossstock(2461m)。

eggberge3005091349.jpg

左からRossstock, Fulen, Kaiserstockで、ルツェルン市内からリギ山の方向を見ると遠くに見える3つの峰がコレ。
ルツェルン市内から見ると反対から見ることになるので、カイザーシュトック、フーレン、ロスシュトックの順に。

太陽サンサン晴れ、風は涼しく、最高な天候でした手(チョキ)

今日のお天気曇り晴れ18℃/7℃
今日も応援(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆ありがと〜るんるんるんるん
banner_02.gif
ファイブ ブログランキング

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ



posted by ひよ at 08:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | スイス・その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひよさん、お久し振りです。
もう2,000m級の峠まで歩けるんですね。ここは我が家もいつか歩いてみたいと思っているコースです。残雪が綺麗で最高ですね。キンツィッヒ峠から更に先へ進んでムオタタールに下る道がスヴォーロフ将軍の通ったルートでしょうか?
Posted by おーと at 2009年05月31日 23:29
おーとさま

んま〜 びっくり。
お久しぶりです。お元気でらっしゃいましたか?

エックベルケ自体、夫も私も初めて行くところでしたから、夫は良く知っている話でも、私にとってはスヴォロフは初めて知った歴史上人物ですわ(^。^;;
山歩きは、地理や草花、樹木、生物の勉強の他に歴史の勉強になりますね。
人生短いのに、学ぶべきことは山ほどあります。

ご存知の通り、スヴォロフヴェークは、1799年に隊を率いて戦いながら行軍した道のことです。
1799年オーストリア・ロシア連合軍司令官としてフランス革命軍を北イタリアで破り、その後スイス戦線に向かったんですねぇ。
9月下旬と言えばアルプスは冬ですから、ハードな行軍だったでしょう。
Chinzigパス越えをして、プラーゲルパス(1550m)、グラールス(472m)、パニクサールパス(2407m)に登って、10月には仏軍を振り切ってクールに入ったのです。
その後、ロシアに戻りました。

ホ〜ントッ、ブログを書くのも勉強になります。
Posted by ひよ at 2009年06月01日 14:39
回答いただきありがとうございます。スッキリしました〜。
私もかつてはスヴォーロフなんて知りませんでしたが、アンデルマット北の「悪魔の橋」の傍に建つ巨大なロシア語の記念碑を見て「何故にスイスにロシア軍が?」と不思議に思った次第です。欧州の歴史は複雑で、奥が深いですね。
Posted by おーと at 2009年06月04日 02:03
おーとさま

そうそう。
確かに『悪魔の橋』と繋がります。
奥が深いですわ。
Posted by ひよ at 2009年06月05日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック