2009年11月06日

ザワークラウト考

こっちの生活が生まれ故郷より長くなってからも、たまの日本の美味しいご飯には目が無い。

そんなある日、ある席で伺ったのが・・・ザワークラウトにかつお節と醤油である。
驚いた・・・ってか目から鱗?

ザワークラウトは、水分を絞った生のままでも良いし、軽く水にさらして絞ってからでも良いと言う。
美味しいよッと☆ミ凸ヽ(^-^) タイコバン!
多分、お新香みたいな風情なのだろう。

スイス在住29万年のアテクシ、コレは初耳であった。

ええ。ザワークラウト、だ〜い好きなんです。
一緒に煮付けるベーコンなんざ、あのトロ〜リ感のある脂身なんて最高〜るんるん
家族が残す分までいただいちゃいますもんね〜
他の塩漬け肉やソーセッジなんぞ無くても良いくらい。
ぁ、おジャガは抜きでは語れませんわ。

それとね、オトツが大好きなパターンが残り物(残ればね)をバタでおこげが出来るほどジックリ炒めていただく法。
これも美味しいですわ〜
sauerkraut.jpg
楽天でザワークラウト色々

ほぉ〜 日本じゃ瓶詰めが主流なのか?と意外であった。
こっちじゃ、ビニルパックで売ってるもんね。
或いは、自分で漬けるか。

ザワークラウトはね、腸の大掃除に役立つんだとか・・・とオトツが言ってましたわーい(嬉しい顔)



今日のお天気曇り8℃/-1℃
今日も応援(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆ありがと〜るんるんるんるん
banner_02.gif
ファイブ ブログランキング

posted by ひよ at 10:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ザワークラウトあまり食べなかったですが
お醤油と鰹節って合うかもですねv(゚ー゚*)
ひよさんの仰る通り
お酢だからお新香的な味になるのでしょうか
でもパリパリ感が無いのかな^^;
でw(゚o゚)w ビニールパックで売ってるものなんですね
知りませんですたw(゚o゚)w 
Posted by モッチー at 2009年11月07日 08:48
ザワークラウト!!どぁ〜い好き!ざます
いくらでも食べられちゃうのでいつも「瓶のここまで」と
決めてから食べます。
中に入ってるキャラウェイシードがまた良いのよね〜
明日早速カレフールに探しに行かなくちゃ!
美味しいのあると良いけれど…
Posted by 美遊姫 at 2009年11月09日 22:09
鰹節と醤油とな。
これはワタクシも目から鱗!
早速やってみようっと。
西洋漬物ですもんね、鰹節と醤油が合わないわけない!!
Posted by ムモ丸 at 2009年11月10日 19:15
モッチーさま

ドイツで暮らした際には、余り食べる機会はありませんでしたか?
やっぱり、冬の惣菜のような感じがいたします。

私が知っている限りでは、ザワークラウトは朝市のようなショップによっては量り売りで、一般的にはビニルパックなんですよ。
500g〜750g@パック
Posted by ひよ at 2009年11月10日 20:08
美遊姫さま

ザワークラウト、大好きざますか?
さすが?お目が高い(謎笑)
スイスでも冬はザワークラウトでしょ〜
フランス語圏でも、シュークルートと言って多く食される時期ではございます。

瓶とお書きと言うことは、愛食のザワークラウトは瓶詰めなんですのね?
キャラウェイも良いですね〜♪
私は芥子種とホルンダー種(日本ではニワトコ?の一種とか)を入れて炊きます。
ええ。ベーコンは多めにd(^-^)ネ!
Posted by ひよ at 2009年11月10日 20:13
ムモ丸さま

そそ!西洋漬物。
早速、試したら美味しいってば〜〜〜
ね?目鱗ざましょ?
私は、酸っぱっぴOKなので水にさらすことなく、軽く絞っていただいてます。
Posted by ひよ at 2009年11月10日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック