2009年11月30日

2012

なんだか、朝からジョボジョボの霙と言うかべた雪が降ってます。
みなさま、お風邪などひきませんように。

さて、先週金曜日、お友だちを誘って『2012』を観て参りましたわ。

前から気になっていた、でも、どうせ、月曜日(12フランデー)専門だし、別に良いかとやり過ごしていたCine-Card。作っちゃいましたわよ。

cinecard3011091839.jpg
http://www.kitag.com/Cinecard/Index.aspx?rollout=true

2時間38分の映画が12フランなんて、お安いこと。
15時の部で、私たちかしましマダム3人とおっちゃん1人。
いえ、おっちゃんは1人で来てたのね。
彼がいなかったら、超ホームシネマのノリで大騒ぎしながら観れたかも@キャピトル5



ストーリィはね、単純明快。
あんまり深く考えなくて良いです。
ダイナミックCGを楽しみましょう。
随分と強烈に壊れまくり、インディ・ジョーンズがエリア51で冷蔵庫に入って避難したノリのアメコミ仕立てではございました。

実にアメリカ的?で分かりやすく、ハラドキあり、勧善懲悪あり、お涙ちょうだいあり、愛の力は強しと。
オリバー・プラット(大統領首席補佐官)、出世したわねぇ(役どころがね)。
ジョージ・シーガルって、目を直した?
あんな目じゃなかったはず・・・とか、ストーリィとは違うところにも目は行きました。

あるお友だちは、とてもゴードンに同情しておりました。
私はね、主人公のジャクソン役のジョン・キューザックが好きだからね、ゴードンには亡くなっていただいたの・・・なんちって。
だって、そうでもしないと、危険を乗り越えて再びファミリーとして結束しようとしているのに、要らないでしょ?

もう1人のお友だちは、ジェット機を運転し、みなを救ったのに・・・って同情しきり。
みんなを中国まで連れて行ったのにって。
ええ。その時にコーパイをしたのがゴードンでした。

で、思い出したのはジャクソンの妻役のアマンダ・ピート。
彼女、以前、ジョン・キューザックとは『アイデンティティ』で共演してるのよね〜
その時もキューザックは、リムの運転手だったわねぇ。

まぁ、TVで観るような映画だって思う人たちがいても良いけど、やっぱり大スクリーンでしょ、アノ迫力は。

☆4つです。

今日のお天気雪3℃/0℃
今日も応援(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆ありがと〜るんるんるんるん
banner_02.gif
ファイブ ブログランキング




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。