2010年09月19日

困ったクン

もう2年も経つから、だから時効でしょ。
夫が同僚と山歩きに出掛けてしまった今、まったりとしています。

今日は、思い出話、困ったクンの話を書いてみたいと思う。

それは3台口のグループで、確か、東北のどこかからのツアーだったと思う。
私が担当したのは、困った氏のグループ。
お客さま方には、な〜んの問題も無かったの。

でも、困ったクンには・・・

21時過ぎに空港にお出迎え。3台口のリーダー格と言う訳ではないんだけど、お態度が・・・

彼は、普段は営業担当なのかなぁ?
いや、添乗か・・・良く分からない。
そんな事は、私が知ってどうと言うものでもないし、関係の無い話。
(関係あることもあるけど)

話し方が上から目線で、自分はガイドなんて必要ないスタンス。
行程についても、ここはこうしてこうしましょうと言う。
そりゃ、その通りにします。
こっちは、考えなくて良いからね。
だけど・・・

そして、理由が分かったのが、偶然なのか(偶然って無いって言う?)同年の数ヵ月後に、困ったクンを知る同僚女史たちと仕事をすることがあって(驚いた!)聞いたところ、私が疑問に思った点については賛成意見?を得られた。
実に分かりやすかった、と言っておこう。

つまりは、言ってしまえば知ったかぶりの仕切り魔クンだってこと。
仕切り魔ってのは聞こえが悪い。
仕切りたがり屋クンってところか。
あんまり変わらない?

まぁね、ガイドが付かなきゃ彼の天下だわ。
私は、2日スルーの身。
なんでだか、ごくたま〜にいるのよね。
(滅多に無いけど。たいてい、嗚呼、ガイドさん居て良かったと言っていただける。それが仮に世辞であっても、それはそれで嬉しい)
ガイドにライバル意識示して対抗しようとするのが。
困ったクンは、正にそれだった。

でも、道々、怖かったのは彼は自分が知らない事を認めようとしないこと。
思い込み?をご案内することだった。
(そりゃ、違う、間違ってるし・・・)

空港でお出迎え、そして、ルツェルンのラディソンへ深夜のチェックインまでのアテンドが第一日目。
21時過ぎに空港に着いたんだから、お客さまたちがお部屋に入られたのが何時頃かは想像つくでしょ?
空港からホテルに着くまでの道中、スイスでの通貨などの生活一般情報を差し上げるんだけど・・・
先ずは、彼の解説から始まった。
ユーロが使えると言い張る。
(お客さまたちは、何故か枕銭ばかり気になさる)
ええ、使えますとも。
でも、場所は限られてます。
水道水は、飲めないことになってしまった・・・
後から私はなんて穴埋めすれば良いのだろうか?
ちゃんと聞いてたお客さまたちは、混乱するだろう。
(聞いてない人たちにとっては、なんでも初耳)

3台口で、ホテルは3つに別れてた。
ラディソンとヨーロッパと・・・後、どこだったっけ?
忘れました。
記憶喪失だけど、あんまり問題ないわね、今日のお題は困ったクンだから。

そんなに遅いチェックインだから、プリチェックインと言うグループが到着したら直ぐキーを渡せるようにと言う作業がある。
事前に部屋に不備が無いかどうか全室を下見するのだ。
エレベータの使い方、キーカードの使い方、電話の使い方などホテルの利用の仕方etcを記述したメモがホテルに到着したらTCさんに渡される。
(これは、そのツアーの経費内で行われることなんで全てのツアーに当てはまるサービスではない)

だから、TCさんがチェックイン時にすることは、翌朝のウェイクアップコールの設定、食事の時間と場所の確認、バゲージアウトの時間だけで良いはず。
後は、プリチェックインした現地係員が作成したメモを見てお客さまに発表すれば良いだけなんですわ。
もちろん、ご自身で確認したい旨はご自由に。

私のその夜のミッションは、空港からホテルのチェックインまでのアテンドで、その後は帰宅できるものだった・・・
当初、プリチェックインは出迎えのガイドが済ませてからカーキードを持って空港へと言う案もあったんだけど、なんらかの理由から別手配になった(ここんとこ、覚えてません・・・)。

にも関わらず、困ったクンは、私にロビーで待機していて欲しいとお客さまたちの部屋へご挨拶周りに出掛けて行った。
ええ、その時に「ここで発生するオーバータイムについては、OKと言うことでよろしいですか?」と打診した。
え゛?と言う険しいお返事だったけれど、それでよろしいとのこと。

その日は、ジュネーブからランドの責任者もルツェルン〜空港〜ルツェルンと付いて来てらしたんで、直ぐに報告。

O女史が「はあ?」と驚いていた。
と言うのも、プリチェックインが完了していても、添乗員が丁寧にお部屋を訪ねて不備が無いかどうかのご挨拶を入れることは多々あるけれど、それが済むまでガイドを待たせる意味が分からないからね。
何か不備があったら、交渉してくれってことなんでしょ?
0時回ってるのよ?

だって、慣れてるんでしょ?
出来ないなら出来ないって言って欲しい・・・

もう、空港からルツェルンへ向かう車の中でのご案内からして危なかった。
(先にも書いた)
日本のツアー客って、枕銭枕銭ってそっちばかり何故か気にして、普段受けるレストランなどのサービスに対しては一切チップは置かないのはなんで?と毎度思うけど、この夜の困ったクンの枕銭のご案内は、ユーロはスイスでも使用できるので枕銭もユーロコインでよろしいっての。

そりゃ、ユーロの国からの季節労働者ならそれも有りだけど、普段の生活ってスイス国内なわけね。
私自身、ユーロの国に旅行は行くけど、ハッキリ言ってユーロ通貨や未だにドルでお金をいただくことがあるけど、嬉しくない。
普段の生活圏じゃない国の通貨をいただいても、有り難いけれど、引き出しの奥に仕舞って置くだけで、ああ、お昼代が出る・・・とかってピンッと来ないのよ。(私個人の話で、みなに当てはまるとは思わないけど)
もちろん、ヨーロッパ中をスルーで回ったりしているガイドさんたちは私のようなつたない印象は持たないでしょうけど。

そう、言いたいのは、私は小声で優しく説明して差し上げた。
ここの通過は、スイスフランで枕銭も外人労働者が多いとは言え、スイスフランの方が妥当ですよって。

んが・・・彼は、再三、お客さまに聞かれるたびに(彼らも時差ボケや自分達のオサベリに夢中でご案内を逐一聞いてるわけじゃない)、ユーロでよろしゅうございますよ・・・なんて説明してる。

もう、良いや。
ユーロだってクローネだってペニーだって。

今の私に1ドルとか1ユーロとか渡したって猫に小判だから。

他にも、クリビツいっぱいあったけど、さすがに忘れてしまった・・・惜しいッ
どこか別にメモッて置こう。
いえ、リアルタイムで書いちゃうとつい手が滑って、過去2回ほど嫌な書き込みがあったのでね、気をつけてるんです。
それで、コメントを承認制にしたら、自分のコメントも自分で承認しなきゃなんなくてw

さあ〜 翌日は市内観光、その後にブリエンツに行き、そこから湖上遊覧してインターラーケンへ。
そして、グリンデルヴァルトへのコース。

で、ブリエンツで・・・え?そう言うことする?って・・・

続く。

今日のお天気曇り晴れ16℃/6℃
いつも応援(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガト〜♪♪♪
↓のバナーをポチッとな〜♪
banner_02.gif
ファイブ ブログランキング




posted by ひよ at 07:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってました〜。
お仕事裏事情実録!
ドキュンDQN族タイプのお話、非常識な大人を相手にわがままを聞いて、ほんとうに大変そうですね。
でも、ひよお姉さまですから、しなやかにかわしてらっしゃると。。。
どんな書き込みだったかも気になりますが。。。
続編待ってます!^^
Posted by かなぶん at 2010年09月20日 08:57
こんにちは、、、整理整頓の達人さんの所から飛んできちゃいました。
現在、日本の東北在住のささ舟と申します。
このたびは、東北人(たぶん?)が、困った事ばかしして、ごめんなさいね。
わたくしも、ここ東北に嫁に来て二十年、、、
困ったさん攻撃には、再三、遭遇してきました。
なんなんでしょうねぇ・・・
時々、いらっさるんですよ・・・。脳味噌ゴワゴワな人が・・・。
まぁ、最初のころは悩みましたが、最近では、日本語・人類語は通じないと判断するに至り、
けっこう楽になってきました。
苦節二十年、、、長い道のりだった
あ、良い人もたくさんいらっしゃいますので、東北人を嫌いにならないでほしいよぉ
でも、ブリエンツで何が起こったのか・・・コワイ
Posted by ささ舟 at 2010年09月20日 11:14
かなぶんさま

まぁね、これも仕事ですから。
困ったクンには困ったクンの言い分があったのかも知れません。
でもね、分からないなら分からない、初めてなんですとかって言えれば、みなさまに知れないようにアドバイスして差し上げられるし、成長できるのに惜しいなぁって思います。

過去の書き込み?
"o(-_-;*) ウゥム…どの辺りだったかなぁ、2年前の8月くらい?
ひよの独り言カテのどこかにございます。
トンでもお客さまについて書いたんだったと思います。(内容は、私自身、忘却のかなた〜よろれいひぃ〜♪)
そういたしましたらね、その方、いつもブログランキング・スイスで検索して入って来るようなスイスファンかと過去の足跡で思ってましたのよ。
06年8月からこのブログに来てらして・・・ですが、トンでもお客さまについて書いたら、鬼の首を取ったみたいな勢いで、他ブログでスイスを訪れた女性がスイスでの現地ガイドの事をあげつらってたそうで、そっちと良い勝負だなんぞと書いて来ましてね。
検索して見に行くような暇はございませんから、それ相当の丁寧なレスを差し上げましたの。

やんわりとかわしたのですが、「読解力が足りない・・・など」と書いたら、敏感に反応されて興奮なさったのか、このブログが祭りになるッとほざいたんです。
あら・・・祭りになるッ言ったんです。
待っていたのですが炎上いたしませんでしたわ( ̄‥ ̄)=3

多分、某巨大掲示板の愛読者なのかも知れない、と当時思いました。
こう言うことをしてみたかったのかと。
それっきりです。

続編は、今夜にでもッ
Posted by ひよ at 2010年09月20日 21:07
ささ舟さま

初めまして。
ようこそ、ひよブロへ。
(お風呂みたいw)
達人さんのブログは、長らく拝見してたんですが、今回、メールで少々やりとりさせていただきまして、カキコすることも出来ました。

もちろん、このような些細な?ことでご当地に偏見を持つようなことを私はいたしませんよ(^^)

ブリエンツではね・・・=^-^=うふっ♪

後ほどねん。
Posted by ひよ at 2010年09月20日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック