2010年10月13日

ツアーのお供 5日目の続き

それでは、続き。

14時からのランチ後に市内観光開始。
時間に余裕がありそうで、案外無いのよねぇ・・・

翌日のチューリヒ見学(1時間しかないのよ)中には、ショッピングの時間は無いから、この日に色々と買いたいとのこと。
観光は、それでも1時間半かかり、その後にフリータイムが40分ほどしか取れなかった・・・
だって、ダリボーの拘束時間とかあるしねヾ(´ー`)ノ

夕食後に中央駅の下のCOOPで、更にお土産買出しをされたい方は行きましょうと言うことにした。

そして!
生まれて初めてのルツェルンのホテル泊。

ホテル・アンバサダーにお泊まり。
ここのレセプションは、地上3階くらいの所だ。
エレベータは、一基。

お客さま方は、腹の底ではどう思ってらっしゃるのか・・・
文句1つ言われない。

ああ、(自室へ)持って行きますよって。

前夜、別ルートでツアーしていた同じAGTのTCのTちゃん(彼女とは、前夜知り合った)が電話して来て、ジュネーブのノヴォテルにはポーターも居なくて、エレベータの無い棟があり・・・
結局、Tちゃんはお客さまの分を運んで差し上げたんだろうか・・・
もう、22時を回っていたので、ポーターが居ないのはともかく、エレベータが無いってのはいかがなものか?
一応、シティホテルじゃないのか?

話、戻して・・・

私は、サッさと階段を使ってレセプションへ。
TC氏は、既に上に上がっている。

と言うのも、またまたダリボーがごねてたからだ。

翌朝の出発予定時間は、9時。
チューリヒに着いたら、ランチがぬゎあんと11時。
12時には、空港に向けて出発と言う本来の日程があった。

ダリボーは、11時45分にチューリヒを発つんだ、発たなきゃと言い張った。
理由は、道が混むから。
そりゃ、分からないじゃないけど、チャーター便だから専用カウンターがあるのよね@空港

ねね?
バスは、聖母寺院の前に停めてあって、私たちのランチ先ってヨハニッター
実は、みなさん、やんごとなき方々なんで、せかせか歩いたりはしないわけ〜

この話は、明日に回します。
お楽しみにd(^-^)ネ!

その11時45分に発つってのをやりくりするためには、朝の出発を9時じゃなくて、8時45分にしなきゃ・・・
それでも、11時より前にランチってムゴイでしょ。

なんで、そうこだわるかね〜
早く帰りたいのかなぁ。

前日、オーバーアルプからルツェルンに向かって発った時は、こんなことがあった。

15分後に出発ってことで、みなさまにはトイレに行っていただいた。
それは、良いんだけど・・・み〜んな車に戻ってスタンバイ。
出発を待つのみ。

『35分に戻ってって言われたから戻ったのに、まだ行かないの?』と言う質問。
もっともな話ですわ。

ダリボーにそう言うと、なんと言ったか。
『17分後って言ったじゃないか?後2分あるさ』

こちらとしては、もう車を出して貰っても良いんだけど?(イラッ)

すると、法規ってのがあるんだ( ̄‥ ̄)=3 、だから、後2分って。

なるほど。
そう言うことなら、仕方ありません。
お客さまに、1分30秒ほど待っていただいた。

機嫌が良いんだか悪いんだか分からなかったわ。
まぁ、バスドライバーと神父の話は、そのずっと後に出たんだけどね。
(前の記事を読まないと分からないかも)

カートレインに乗ってた最中も私に2,3回、イタ電をして来た。
その番号に見覚えがあると気づいたのは、2回目だったけどね。

無理だわ、11時45分に出発だなんて・・・と、私は腹で思いつつも、朝15分早く出ようと言うことでその場は終わりにした。

さぁ〜、チェックイン。
でも、ポーターの手配が無かったので、自分で荷物は持って上がった。
ランドから手配があった筈(バウチャーがあったからね)なのに、今から呼ぶんじゃ遅いし、1個につき4フランだなんて言って・・・

OT2809101814.jpg OT2809101815a.jpg OT2809101816b.jpg
OT2809101815b.jpg OT2809101816a.jpg
部屋は、意外と広々としている。
私の部屋は中庭側でバスタブは無かったけれど、とっても清潔。

荷物を置きに自宅に戻ろうかとも思ってたけど、男性のTC氏以外の女性陣のみなさまからは大反対を食らいました(笑)

ダメよ〜 行ったらダメ。

まぁ・・・翌日は、空港から電車でルツェルンに戻るだけなんで、まるで飛行機でどこかを旅行して帰宅するみたいな感じもあって良いんじゃないか?と思ったわ。

そして!
ディナーは、19時から。
まだ、みんなお腹空いてないんじゃないかなぁ・・・

ダリボーは、車でシュヴァンネン広場までやってくれた。
ごねられたら、どうしようかと思ってたけど、案外、スッとOKしてくれた。

食事は、ホテル・デス・アルプで。

私は、従業員さんたちとも顔馴染みだし、とっても使い易いレストランだ。

OT2809101854.jpg前菜は、メロン(良く熟していて食べごろ)とハム。
ハムは、もう少し薄く切って欲しかった・・・

OT2809101916.jpg OT2809101929.jpg OT2809101953.jpg
野菜スープと魚フライ、そしてプリン。

このツアーのお客さまの中に、レストランで必ず鶴と豚(豚には見えないんだけど)と折ってプレゼントされるご夫婦がいらした。
行く先々で喜ばれて、このレストランでも非常にウケテ、喜んでいた。
純粋な方なんだなぁと思った。

嗚呼、うちの子ども達が幼かった頃、良く色々と折ったものだったなぁと思い出したわ。
折り紙の本、持ってるし。

ディナーの後は、8人のお客さまが駅の地下街へTC氏と共にお出掛けになり、5人のお客さまは私が伴ってホテルへ戻った。

夕方、ライオンセンターのCOOPへショッピングに行きたいけど、換金したいとNさん。
幾らくらい?と聞いたら、1万円ほどだと言うので私が換金して差し上げた。
すると、そのディナーの後に、その100フランは使ってしまったと。
しかも、支払いの段になって小銭が間に合わなくなって・・・どうしようこうしようとしているうちに、後ろに並んでいた青年が小銭を払ってくれた!と感激していた。

そうですわねぇ。
うちのオトツもレジで前に並んだ高齢の女性が支払いの時に小銭が足りない・・・とオロオロ言う時には払って上げた事があったと言っていたので、本当にそう言うことはあるんだなぁと感心したわ。

100フラン使っちゃったの???
後は、カードで買うと言っておられた。

そう、みなさま、スイスフランを落として行ってねぇ〜


今日のお天気曇り15℃/4℃
ホントは、1500m以上の地点は快晴なの・・・
ルツェルン市は、雲で蓋されてまして

今日も応援A(^-^)R(-^ )I(^ )G( )A( ^)T( ^-)O(^-^)~♪
人気ブログランキングへ
人気blogランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


ファイブ ブログランキング

スイス・アルプス展望の旅

スイス・アルプス展望の旅

価格:2,100円(税込、送料別)




posted by ひよ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック