2006年06月20日

スイスの天候

スイスの陽気は、随分変わったものだ。
氷河が融けてなくなるのに150年かかると言われているけれど、もっと早いかもね。
 
今、ここ2週間ほどは、間に雨や雹なんぞも入れてはいるが、晴天が続いている。
関わっている仕事の関係上、天気の事もよく聞かれるけれど、例年、同じ時期が同じ天候と言うわけではないのだ。
 
にもかかわらず、みなさん、ついつい聞いてしまうのだろう。お気持ちは、よく分かる。
 
天気が良くて暑ければ、『スイスっていつもこんなに暑いんですか?(寒いって聞いたので、冬物ばかり持って来ソゃった)』とか、雨が降って寒ければ『スイスにも梅雨ってあるんですか?』とか『いつも、この時期、寒いんですか?』などなど。
 
でも、梅雨かも?と思うくらい、雨ばかりが続くこともあるから、そのうち、スイスでも梅雨情報なんてのが出来るかも?
 
私自身も旅行中に悪天候に見舞われれば、ついてないと思う。
天気ばかりは、予約できないのだ。
 
それに、体感気温とは個人によって違うと思う。
『明日の山、何を着て行けば良いかしら?』と聞かれれば、私自身の例を挙げるけれど、『勿論、寒がりさんも暑がりさんもいらっしゃるから、調整できる支度がよろしいですよ』と申し上げる。
 
急に雨が降ることもある。
出掛ける際に、『傘を持った方が良いでしょうか?』と聞かれることがある。(私は、いつも傘を携帯している。山へのご案内の時は、当然、アノラックも)
折りたたみ式の傘は、とっても軽い筈なのにスーツケースに入れたままだ・・・とかの声を聞くこともある。雨に濡れるのは、ご当人の判断ミスなのに、傘を持てと言ってくれなかったからと、これってアテンドの情報ミスと言われなければならないのだろうか?
 
近年のスイス(の街なか)は、蒸し暑くなっている。と言っても、今の所、まだ朝晩は気温が下がるから、古きよき時代wのスイスなのだけど。
(2003年の猛暑の時には、日本に居た頃の熱帯夜を思い出したっけ・・・)
 
10年も前だと、晴れると日光浴もしたいし、掃除にもリキが入るしw、洗濯物も(この時期、地下の洗濯室・乾燥室の暖房も切れているので、洗濯物が乾きにくいのだ)中庭の人から見えにくい位置に日に当てて干してもみたいしと、色々とやりたくて気ばかり急いたものなのに、今では、また晴れてる・・・なんて贅沢を言ったりしているw
 
本日も晴天なり。

 
【スイスの今日のお天気】のリンク集⇒スイスの天候・今日のお天気の見方を参考にどうぞ。
 

banner_02.gif



タグ:天気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。