2011年05月11日

シャンパーニュ地方への旅 その8

さぁ、夕食。
エペルネに戻って、どこが良いんだろ?
ビストロにしちゃう?
すると、友人がちょっとと言って姿を消した。
彼女は、最寄のホテルに入ってレセプションでお勧めレストランを聞き出して来てくれた。

Hotel Jean Moet(英)と言って、なかなか素敵なホテルです。
日本語のホテル検索サイトにたくさん画像があったので、どうぞ
敏腕ベテランガイドの友人は、次回、ここへ来たらこのホテルを使いたいと考えているが、近辺にお勧めレストランはあるのか?って聞いたらしい。

それで勧められたのがLa Cave a Champagne(仏)

champagne1404111913c.jpg
19時にならないとオープンしないんだと。
そうよね、ラテンの国は夜ご飯が遅かったりするからね。

ジモティが来るような店なら大当たりなんだけど、どうだろうか?

店内はこんな感じ。

champagne1404111913b.jpg
手前のご夫婦は、オーストラリアから来てた人たちで、私たちがスイス在住だと言ったらルツェルンにも数年前に行ったことがあるわよ〜と。
なんで話すようになったかと言うとメニュ選びの時に、コレなんだろね?とか勝手にメニュを解釈して大笑いしてたからなんだけどね。
18ユーロのお勧めコースメニュは3種類からチョイスするんだけど、ホームページのように全て英訳してあるわけじゃなかったんで想像力を働かさなければならなかったわけですわん。

このマダム、実物は細面の方だったのに画像では端に写っているせいかまん丸に見えますね。

上画像の中央のカーテンの向こう側には(鰻の寝床みたいな感じ?)、他にもホールがあるんだわね。
それで、Caveってわけかぁ。

champagne1404111915a.jpg

champagne1404111915b.jpg

お店を開けたばかりに入っちゃって良かったわ。
だって、続々と人々が入って来て直ぐ満席になっちゃったの。

でも、ジモティよりは観光客が多かったかしらねぇ。

先ずは、スープから。

champagne1404111944.jpg
味からすると、レンズ豆と亜麻種子(Leinsamen=ラインザーメン)が使われているようです。
ベーコンとクルトンが付いて来ます。
美味しかった〜るんるん

champagne1404112002.jpg
サーモンです。
どの料理にもシャンパンが使われてるんです。
日本料理にお酒を使う乗りで使われているんでしょうね。

champagne1404112036.jpg
他3名のチョイスの梨とプラムのコンポートにカシスアイスが付いてます。
味見させて貰ったんだけど、美味しかったぁ。

champagne1404112037.jpg
私が頼んだのがコレ。
クリームチーズムースと言うからあんまり甘くないと思ったんだけど、すっごく甘くて失敗しました( ̄△ ̄|||
半分しか食べられなかったわ。

食事の時にワインにしようかシャンパンにしようかで相談したんだけど小さなボトルのシャンパンロゼを頼んだ。
24ユーロ也。

美味しかったね〜
店を出て、ローカルっぽいんだけど、どのクラスのレストランなんだろう?とか話しながら駐車場へ向かう道でのこと、狭い歩道だったんで二人並んだらいっぱいなのね。後ろから男性が来るのが視界に入ったんで友人の前に出て縦列になったわけ。

ふと振り返ったら、東洋人。
日本の方ですか?なんて聞いて来た。
最近、中国人が多いから中国人かと思った、なんぞと言ったもんだから、私もご丁寧にお答えいたしましたわ。
そりゃ、お互いさまですわよって。
だって、見るからにこっちの生活が長そうな風情のおっさま@60歳くらい
聞きもしないのにパリから戻ったばかりなんですと言う。
私が聞きたかったのは、今、そこの食道でご飯したんですけど、ランクはどれくらいなんでしょうねぇ?と。
すると、中くらいかなぁとのお答え。
中くらいでアレなら、上ランクはもっと美味しいってことですわよね。

私は、常連の飲み屋に寄るからって、おっさまはサークルのある表通りのとこにあるビストロが行きつけの店だそうで、そこの友だちに挨拶に行くんだって、その店の前で別れた。
そこまでの100mくらいの間の会話だったんだけどね。
それで、ビストロ前で煙草を吸いながらたむろってた他のおっさま(フランス人)にも愛想良く挨拶して私たちはエペルネを後にしたんでした。

続く。

今日のお天気晴れ25℃/8℃
いつも応援(o^o^o)あ(o^-^o)り(o^o^o) が(o^O^o)と(o^.^o)うるんるん

人気ブログランキングへ
人気blogランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


ファイブ ブログランキング


posted by ひよ at 10:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです
いいですね、、シャンパン飲みながら、、
昨日、、滋賀県の山中の廃村の村に泊まり今日帰って来ましたが、
沢山、、幽霊が出そうな所でした。’
Posted by takkeys at 2011年05月11日 21:57
お勧めレストランは地元の人に聞くのが一番ですね。 雰囲気もお料理も素敵ー。 おフランスでは「中くらい」が一番落ち着ける気がします。

お料理にシャンペンを使っちゃうってのがさすが本場ですよねえ。。。 

カシスアイスに果物のコンポート、目が釘付け!! おいしそう過ぎる。。。 

Posted by まこ at 2011年05月12日 19:56
読ませていただいてますま〜す行きたくなりました。
おきれいなお姉さま御ツアー、フランス男子にナンパなど
なれませんでしたか?
Posted by かなぶん at 2011年05月14日 08:31
takkeysさま

お久しぶりでございます。
お元気でらした?
福島の方へ支援にお出掛けになるそうですね。

しかし、また廃村探検でもなさったのでしょうか?そっちのお土産話を伺いたいものです。
Posted by ひよ at 2011年05月18日 16:47
まこさま

中級レストランが程よいですよね。
おサレな服装じゃなくてカジュアルOKってのが一番楽。
従業員が開店前に店の横でタバコを吸ってたのが残念でしたが、とんでもないレストランを紹介されちったって感はゼロでした。

カシスアイスに果物のコンポート、これは美味しかったですよ。
味見程度だったのが更に良かった?!
Posted by ひよ at 2011年05月18日 17:22
かなぶんさま

美味しくて素敵なツアーではございましたが、ナンパはなかったです〜

フランスの綺麗な田舎町巡りも今後は夫としてみたいなと思いましたわ(^_-)---☆
彼は教会の建築様式に興味を持っているので、今年の夏休み旅行ではランスのカテドラールも見たいんですって。
歴代のフランス国王の戴冠式が必ず行われた場所でもありますしね。
なので、エトルタ、ルーアンの帰り道にはランスに寄る予定です。
Posted by ひよ at 2011年05月18日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。