2011年06月21日

Sto:ckalp〜Melchseefrutt

12日は、久々に歩いた。
最初は、森の中を行ったんだけど途中から暑かったわ〜

先ずは、車でSto:ckalpまで行って、そこからMelchseefruttまで
初心者コースなんだけど、暑くて参ったわ。
河童じゃないけど、お皿が乾いた。
そう、熱中症になるんじゃないかと思ったくらい。
水分補給もしたけど、汗も随分かいたわ。

お約束の道標。
stoeckalpMF1206111018.jpg

ライブでお見せしたい。
stoeckalpMF1206111058.jpg

heidi120611130.jpg
ハイキング道だけど、牛の憩いの場所でもある?
ちょいと日陰だったりする。

このコたち越えしたらば・・・
stoeckalpMF1206111132.jpg
もう、道を塞がれちゃってて、左側は急坂。
転げ落ちたら痛いね。
左のコに動けって言っても動かない。
仕方なく右側の急な壁を登ったわ。

stoeckalpMF1206111133.jpg
まぁ、喉かっちゃあ喉か。


stoeckalpMF1206111212.jpg
エンツィアンも美しい〜
今年は4月から猛暑なんで、夏の高山植物も一気に来ちゃってます。

stoeckalpMF1206111214.jpg
タカネシオガマ

ランチはPosthuisで、私はサラダと子牛のソーセッジ、フレンチフライ、夫はサラダとペッパーステーキとフレンチフライ。
飲み物込みでお釣りを置いて、〆て70スイスフラン。

まぁね、少々、ダウン気味だったんで帰りはゴンドラで帰って来ました。

帰り道は、Susten峠をドライブしたんだけど、付近トンネル内で対向車線の車がパッシング。
れれ?スピードコントロール?或いは事故???

昨年とほぼ同じ場所でバイクとスポーツカーが事故ってました。
ほぼ同じ場所だ・・・
バイクは、前輪と後輪が真っ二つになっていた。
不幸中の幸いは、奇跡的に怪我人は居なかったってこと。
ノロノロ運転で見かけた程度だから、ハッキリとは分からないけれどバイカーは救護員と話していたから。
バイク4台、内一台は破損状態で、他3台は路肩(と言っても片側は断崖絶壁)に乗り上げていた。
救護員3名。
救急車は無かったので、恐らく死人は出なかった模様。

カーブが多いから見通しは悪い。
でも、だからって中央斜線を越えちゃ行けないでしょ。
毎年、登山家と同じようにバイカーも事故を起こして亡くなる。

峠ってね、バイカーがやっつけに来るんだわね。
自転車も多いけど。
スイス人は勿論のこと、イタリア人、ドイツ人のツーリングが凄いの。
彼らの飛ばし方ったら凄いから。
うちの息子も2,3年、飛ばしに行ってたから、これだけは呑気な私も心配した。

ホント、車のこっちも気をつけないと。
ん?うちのダーリンも峠ドライブが好きなの。
登りが特にね。
下りは、そこそこ程度。

今日のお天気晴れ27℃/16℃
いつも応援(o^o^o)あ(o^-^o)り(o^o^o) が(o^O^o)と(o^.^o)うキスマーク

人気ブログランキングへ
人気blogランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


ファイブ ブログランキング



タグ:アウトドア
posted by ひよ at 07:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス・その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
牛の憩いの図、ひよさんが失礼、失礼、と越えて行く図が想像できてとってもおもしろかったです。去年も同じところで事故があったんですね。でも、重大な事故にならなくてほんとよかったです。
Posted by かなぶん at 2011年06月22日 07:24
かなぶんさま

そうなの。
ねね?どいて?だめ?って聞くの。
だめ〜 って言うんで、そっか、あなたたちの道だもんね?と言って、大回りするんざますのよ。
美味しい乳出してね・・・美味しい肉になるんだよと呪詛しながら(爆)

峠の事故は、そう、あなたもお好きかも知れない、あっちの世界から足を引っ張るゾーンかも?ですわね(⌒〜⌒)
Posted by ひよ at 2011年06月22日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。