2011年07月09日

ブリュッセルに来ています

おサボリ続きですが、現在、ベルギー旅行中です。
7日から夫と夏休み中。
ああ、今年はあんまり仕事してないのに休みだけはイッチョ前にとってます。

甘いものは得意では無いと言いつつ、毎日2万歩以上も歩き回ると甘いものが美味しいですわん。

グラン・プラスの市庁舎広場のコーナーにあるチョコレート屋の店頭でこんなのを見た。
夫は、チョコ食べないよと言うんでコレ全部は食べ切れないとやめといた。

bruxelles0707111605.jpg

じゃあ、一口分。

bruxelles0707112020.jpg

まずは、喉を潤して。

bruxelles0707111634.jpg

でも、ちょいと歩いてたら小便小僧んとこの同店のショウウィンドウで、こう言うのこさえてるのよ〜

bruxelles0907111209.jpg

だから買ったのよ〜
左側にあるバケツの中に暖かいチョコが入ってて、いちごにチョコをまぶしてるわけね。

bruxelles0907111210.jpg

それから、夕飯はコレだから。

bruxelles0707111911a.jpg
ムールはもちろんのこと、フライドポテトがとっても美味しかった。
フレンチフライとは言うけど、ベルギー生まれなのね〜

それじゃ、またね〜

人気ブログランキングへ
人気blogランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


ファイブ ブログランキング



posted by ひよ at 19:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「フレンチフライの本家はベルギー」って必ずベルギー人は言うけれど、あれは本当なのね?(笑)
私も随分昔にそこ行きましたわ〜
今は小便小僧さんの辺りにも出店してるのゴディバ?
それともそっちが元々のお店なのかしら?
私が行ったは小僧さんに気をとられて(笑)気がつかなかったけど。

ムール貝、昔の方がもっと量があったような…
本当にバケツで出てくるのよね〜

「僕手助けしないからね。お残しも禁止だよ」というだありんの言葉を無視して注文して絶句しましたっけ。
あれ以来殆ど食べてません…というか一生分たべちゃったから…(笑)
Posted by 美遊姫 at 2011年07月12日 12:15
美遊姫さま

ベルギーフライには薄っすらとマスタードの味の付いたマヨが付いて来ます。
ムール貝は、これは多分1キロは無いと思います。
到着の夜、グランプラスのt’Kelderkeってレストランでいただきました。
ちょっち潮汁の味が薄かったのが残念でした。
翌昼、ブリュッセルのお腹と言われる食べ物横丁にあるChez Leonで食べたのも800g〜1000g程度だったかと。潮汁も最高でした。
お店によって800gとか1200gとか表示してあります。
自宅では、オリーブオイルとニンニク、パセリと白ワインで蒸すんですが、ここではバタでニンニク、セロリ、たまねぎを炒めてからワイン蒸しにするんです。
イト旨し♪

私は、バケツのムール貝が大好物で前菜に牡蠣、メインにムール貝って平気でいただいてます。
毎日1度はムール貝を食べてます。
夫が驚いてますわ。

ゴディバの本店がどこだかは知らないのですが、こんなにたくさんチョコは食べられないって諦めたんだけど、そっか、イチゴの周りにうっすらチョコが付いてるだけなら私にもやっつけられるって思って買っちゃったんです。ええ。全部食べましたとも(笑)
私はレストランでデザートをいただきませんで(ルール違反?)、部屋に戻ってからプラリネを一口いただきます。
ゴディバのチョコが非常に美味しいものなのかどうかは私には分かりません。
ただ、Brussels Card(1日券〜3日券ってのがあります)を買うとチョコレートショップの割引券とかが付いて来るので小便小僧のゴディバにてって指定があったので使ったまでのことでして(#^.^#)
Posted by ひよ at 2011年07月14日 16:51
そうなんだぁ ひよさんは軽くバケツ?一杯イケちゃう口なのね〜(笑)
そう言えばシンガのスーパーでは普通のと一緒に
オーストラリア産のエメラルド色(殻が)のムール貝売ってんだけど、
どこかの機内誌でオーストラリア紹介の中でベタ誉めでした。シンガのはなんだか活きが悪そうで結局買ったことないんだけど、ひよさん食べたことある?
Posted by 美遊姫 at 2011年07月15日 23:25
いいですね〜。レストランのお名前どうもです〜!
ひよさんは前菜にムール、メインにオイスターですか。私は逆派。ひんやりオイスターをするっとシャンパンで頂いて、あったかいワイン蒸しのメインにムール。でも、逆もいいかもです。前回これやったのは冬のストでした。私も貝類には目がなくて、この話題に、お写真にほくそ笑んでます。ブリュッセルがフリットの本場だったんですね。
20年以上も前に一度しかいったことないけど、チョコのレオニダスとか当時有名で(いまはどうか?)食べました。ゴディヴァはご当地でもお高いんですか?
Posted by かなぶん at 2011年07月17日 19:17
美遊姫さま

(*'ー'*)ふふっ♪
昨夕(17日)帰宅いたしまして、都合、11杯のムール貝をいただきました。
予定では、20日に戻るつもりでいたんですが、やはり我が家の食事が恋しくキリの良いところで帰って来ましたわ。

オーストラリア産のグリーンの貝(これもムール貝の仲間)は近所のスーパーでも冷凍(貝を開いて片貝状態)のが買えるんです。
ええ、食べたことありますよ。でも、ハーブバタでエスカルゴ風にいただきました。
たいてい魚市場でキロ買いして来ますが、高いです(^^;
フランス産、オランダ産が1キロ18フラン(1800円くらい)です。
コープ辺りだと10フラン以内だったりするんで、なんでソレほど値段差がでるのか謎だったりします。

ベルギー、フランスで毎日、ムール貝をいただきましたが、値段は芋フライ付きで10ユーロ〜13.5ユーロでした。

カラス貝ってあるでしょ?
大筋ではムール貝の仲間らしいです。
wikiでは、こうあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%82%A4
汚損生物らしいです。

あれほどの人々がココット1キロずつ食すんだから養殖のをいただいてるわけですが、解禁時ってのがあるそうで7月中旬らしいでけど、1年中食べられるんじゃないかしらん?
1年以上育成して、砂はきとかヒゲ盗りなどして滅菌海水に24時間浸けてから出荷するそうです。
Posted by ひよ at 2011年07月19日 21:50
かなぶんさま

上のコメントを読みまつがいされたようです。
私は、牡蠣を前菜にムール貝をメインにいただきます。

かなぶんさんも貝類がお好きなんですね〜=^-^=うふっ♪

ゴディバが特に高いとは思わなかったけれど、お高級感は溢れてたと思います(^^)
他にもお菓子屋さんがい〜ぱいで、次回は娘と来たらイイよとオトツが笑ってました。
あんまいカホリが町中に。
甘いもの好きな方々なら片っ端から買い付けたくなっちゃうんじゃないでしょうか?

ゴディバのプラリネは、57ユーロ/kgで、イチゴのコルネが5.50ユーロ、そしておみやに買ったチョコペースト1瓶(200g入り)4.75ユーロでした。ラベルに日本語の能書きも有りました!
Posted by ひよ at 2011年07月19日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。