2012年05月29日

Old Swiss House

先だってのスルーの仕事の時のルツェルンでの夕食がOld Swiss House(独)でだった。

osh1705121929.jpg
ミックスサラダ

osh1705121954.jpg
シーズンたけなわのバーディッシュ・ホワイトアスパラ(ドイツ)
ドイツでは、6月28日までがシーズンだそうだ。
つまり6月28日が食べ収め。
ホランデーズソースは私が作るのより卵卵していて、これはこれで美味しかった。


osh1705122016.jpg
フォンデュ・ブルギニオン(オイルフォンデュ)
牛フィレ肉です。
オイルフォンデュは菜種油で揚げるので、思いのほか軽くて美味しかった。
肉の分量は、およそ30gの角切りが7個ほど。

osh1705122120.jpg
シャンパンをかけたレモンシャーベット

この日、小さなことでもめた・・・
先ずは、私はお客さまと食事をご一緒しないので別席を・・・と言いかけたら、シェフ・ドゥ・サービス(フロアマネージャ)が「空席は無い」と冷たいレス。
私は、長年彼を知っている。
仕事でも来るし、個人的にも。

たいへん老練なフロアマネージャである彼の名誉のために?フォローもしときますわね。
ちょいと前に私の分はこのバジェット(とてもお客さまと同じメニュはいただけない)だけなんだけど何か無いかしらん?と言ったら、シェフに聞いてきてくれて同じメニュを出していただいたこともあったことを特筆しておきますわね。

で!どこでだったか思い出した。
違う、違うわ・・・その時、彼はシャトー・ギュッチのシェフ・ドゥ・サービスだったんだわ。

でも、この晩は剣もほろろwww
他の席なんて用意できないよ、満席なんだからって。

それではよろしい。
そうなったら、私は近所のレストランで待機すれば良いだけだ。
ぶっちゃけ、このクラスのツアーのご案内時のレストランでは会社から許可されているバジェット内で食事を済ますことは無理。
ぁ、いえ、スープだけとか、サラダだけとかなら大丈夫だけど。
で、離席したらしたで追加注文その他の質問などなどは私は負いかねるけどね。
後日、その点でアシスト不足だったと不平が出たらきっとアシスタントが居なかったって言われるんだろう。

バンケットサロン(個室)に案内されて、12名ですと言ったらば・・・

予約は、13名だし困るわと言い張るマダム。
この店の女主人だ。
シェフに早速言わなきゃ・・・シェフがなんて言うかだわと険しいお顔。

お客さまには、そんなやりとりは見せても静かに行わなければならない。

私が持っていたミールクーポンは12名分。
13席用意したし、メニュは全て13名分用意してる、キャンセルはもっと早く言って貰わないと困ると。
そりゃそうだわ。

もう、ツアー開始前にランドとの打ち合わせは十分していたので、突発的な事が起きたらランドに直ぐ連絡しなきゃ・・・と、電話を掛けようとしていたらマダムが来て、「大丈夫になったわよ」とだけ。

大丈夫になったんじゃなくて、あなたの勘違いでしょ?
(翌日の会社からのメール連絡で予約は12名で入っているので間違いないと)
だって、よくよく見たらテーブルセッティングを見たって丁度12名分しかないんだから。
それでも、一言の詫びも無かった。
12名でOKになったわよ〜 だけ。

ツアーの食事って大した実入りにならないのでしょ。
でも、それにしたって多忙なのは分かるけど、この女主人とその息子、たまにキーキーとなるのである。

お勧めのワインをご案内して欲しいと息子主人に頼んだら、喜んでと。
そりゃ喜ぶだろう。

たまに行くにはゴージャス風味で美味しくはあるんだけど、仕事で色々な面を見てるせいか個人的にはどうもw

いつも応援ありがとう♪(#^ー゜)v
 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  


posted by ひよ at 16:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。時々(時々ですみません)お邪魔してblog楽しませて頂いております。何度となくコメントをお送りしようと思ってトライしていましたがPCの具合が良くないのか、ななかか送れずにいましたが今日は送れそうです。5月初旬から6月末日までルツェルンの財団の招待により東京のS区からルツェルンに滞在して作品の制作をしています。もしお時間がありましたら6月2日が展覧会のオープニングですので是非起こし下さい。場所はABGallery.Arealstrasse6.CH-6020 Emmenbruche.www.ab-gallery.com 突然のお知らせで失礼致しました。これからも時々お邪魔させて頂きます。
Posted by 小林俊哉 at 2012年05月30日 02:48
小林さま

初めまして。
一瞬おどろきました。
だって、中学校の時の同級生に小林克哉ってのがいたんですよ〜

東京都のS区ですか。
私もS区出身なんですが、どのS区かしらん?
ABギャラリーですね。
お時間できたらうかがってみようと思います。
Posted by ひよ at 2012年05月30日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。