2012年07月18日

高貴な白(Edelweiss)

ハイキング中は、みなさま口を揃えてエーデルワイスはどこに?だ。

昔々はねぇ、メンリッヒェン⇔クライネシャイデックの散歩道にもエーデルワイスは見られたそうだけど、みんなむしられちゃって無くなってしまったそうよ。
自生しているものなので、あえて人為的に種を蒔いたりはしないのね。

zermatt3006121534.jpg
シュテーリ湖、海抜2537m

これは、スネッカ〜ブラウヘルト、そしてシュテーリ湖へ向かっての散歩道で見つけたエーデルワイス。

zermatt3006121513.jpg
ツェルマットの村の庭先や花屋さんで売られているエーデルワイスは、人が育てたもの。
なので、大輪だし背も高く立派なのだ。

野生はもっと小ぶりで優しい感じ。

山でとって良いのは写真だけ、動植物はとっては行けません。
石も拾ったら行けないかもね。
だって、そんなことしてたら、そのうち山が無くなっちゃうかもw

種を買って行ったら良いでしょう。
お役立ち情報は、先ず1週間ほど種を冷凍すること。
発芽成功率が高まるそうだ。

今日のルツェルンのお天気晴れ28℃/16℃
いつも応援ありがとう♪(#^ー゜)v
 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  


posted by ひよ at 07:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 高山植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うむ、エーデルワイスの知名度ってすごいものがありますね〜。
知名度はあるけど実際の花を知らない方もいるようで。。。
先日のピラトゥスでは「エーデルワイス、やっぱりかわいいですね、あの黄色の感じも」なんて方がいらっしゃいました(笑)
野生のものはロイカバードのゲンミ岳に登る途中にみた一回きりです。
そうかあ、種を冷凍するのね、メモメモ。
日本で育てるのは無理かな〜、養殖でも???
Posted by ムモ丸 at 2012年07月20日 16:58
ムモ丸ちゃん

コメント遅れてすいません。

そっかぁ、生のエーデルワイスをご存知ない方々もけっこういらっしゃるってことなんですねぇ。

日本でも山岳地方では育てられると思いますよ。
せんだってツェルマットで松本の方で登山家で救助隊員でもある男性と知り合ったんですが、奥さまにエーデルワイスの種を買って来るようにと頼まれたんだそうです。
その時に1週間ほど冷凍すると良いですよとアドバイス差し上げました。
もしかしたら、松本から日本の山岳地方にもエーデルワイスが拡散するかもd(^-^)ネ!
Posted by ひよ at 2012年08月01日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。