2012年09月30日

近頃の携帯事情

スイスコムではネットし放題、国内通話し放題込みで59フラン(元々はiPhoneのピッコロ契約 基本料金25フランでいろいろな付加)のお知らせが入った。
なるほどねぇ・・・

営業氏(アルベルト氏)曰く、私の本年度の通信料がコレコレしかじかなので価値ある乗換えだと思われますと。

ふむ!
確かに冬期はともかくハイシーズンにはランドとの連絡に通話料金がアップする。また、ネット接続(行き先の天候を気にするお客さまにはその都度インフォを差し上げる)し、いろいろと検索する。
国鉄の時刻表とかね。

Infinity XSが59フラン。
国内なら電話し放題、ネットし放題、SMS、MMSは国内外し放題。
これで移動中に日本のTV(リアルタイムではない録画もの)も観れるってわけね〜

私は長電話は苦手なので用件のみにてってのが多い。
確かに便利。
モバイルの普及と共に残念なのは、乳母車を押しながら電話中のお母さん達、多分、想像だけで言うから失礼かも知れないけど、授乳中も電話してそうである・・・

それと携帯だとどうしてああ大声になるんだろうか。
しかも延々と話をする。
んな話は聞きたくないのである。

あるわかい女性は弾みがついたのかそのような長通話が済んだら別人に電話開始。
1時間ほどの移動中、延々と話しているような人間は少なくない。
私は気をつけるようにしてて、できる限り小声で話し手短に済ませる、または席を立ち昇降口へ移動する。
スイスじゃ、携帯マナーがイマイチね。

遠い昔、ロンドンの街を散策中に夫がトラファルガー広場へちょいと寄ろうと言い出した。
理由は、知人がこの日のこの時間帯に「トラファルガー広場で会えたらね」と言った(それも随分前)からだそうだ。
気が長いのか・・・?
結局、その友人は現れなかったけどね。

スイスって昔はヨーデル(山間情報連絡手段?)とかで山奥で仕事中とかの家族に食事だ、来客中だとかをヨーデルで知らせたって言うのよ。
電話でこのカフェや飲み屋で会おうとか約束せずとも常連の店へ行けば会える、そう言うローカルな村に来たんだ私。
事前の連絡なしにいきなり訪ねて来たりね。
そう言うのって私は小五・六年くらいまでで後は気恥ずかしく、友だちんちでさえいきなりは行かなかったけど(学校にいる間に事前約束してない限り)。
そう言う国民性が脈々とあるんだぁと思ったことがあった。
スイスの噂過去ログ

ぁ、ただね、よほど親しくない限り(家族とか親友以外)は20時以降の電話は失礼って聞いたわ。
考えたら、郵便屋さんやパン屋さん勤務だったら寝てる時間帯だもんね。

30年後に携帯で年がら年中繋がってたいってスイス人も思うようになるだなんて当事の私には思いも寄らなかったわ。

今日のお天気曇り雨12℃/6℃
いつも応援ありがとう♪(#^ー゜)v
 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  



タグ:携帯電話
posted by ひよ at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。