2012年10月15日

ルツェルンのピアノフェスティバル

ルツェルンで晩年の幸せな時代を送ったヴァーグナー縁の・・・

Luzern Festival (Piano)

1938年ルツェルン郊外のトリプシェンにあるワーグナー邸で、トスカニーニ指揮によるガラ・コンサートによって始まった伝統を誇る『ルツェルン・フェスティバル』。ヨーロッパ屈指の絶景に囲まれた中世の町に、世界のトップクラスのオーケストラ、指揮者、演奏家たちが集まり、年間で約10万人を超える観客が訪れる重要なイベントとして国際的に広く知られています。2001年から正式に『ルツェルン・フェスティバルLUCERNE FESTIVAL』と改名。イースター音楽祭 “OSTERN”、夏の音楽祭“ SOMMER”、ピアノ音楽祭“ PIANO” という3つの音楽祭が開催されています。

秋におこなわれるのが、1998年からはじまった「ルツェルン・フェスティバル(ピアノ)“PIANO”」です。鍵盤音楽に焦点を当てた特徴的な音楽祭で、クラシックからジャズ、モダンなど、世界各国から集まったピアニストたちの幅広い演奏をお楽しみいただけます。これまでも巨匠マウリツィオ・ポリーニ Maurizio Pollini、アンドラーシュ・シフAndrás Schiff、アルフレート・ブレンデル Alfred Brendel などの有名ソリストのほか、注目の若手ピアニストが数多く登場。会場は有名建築家ジャン・ヌーベルが手がけた複合文化施設KKL(カルチャー・コングレス・センター)。また、“ピアノ・オフステージPiano Off-Stage”と題し、ルツェルンの有名ホテルのレストランやバーなどの会場で、無料のピアノコンサートも開催。音楽祭と連動した人気企画です。

いつも応援ありがとう♪(#^ー゜)v
 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  



タグ:ピアノ
posted by ひよ at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツェルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。