2012年11月03日

ワイルドなご飯

ジビエなんだけど、どうやら・・・夫はあんまりジビエは好きではない様子。

一年中食べれるのでジビエと言うわけじゃないだろうけど、鴨肉も好きではないらしい。
なぜかと言うと脂身が多いからとか・・・
カリッと焼きあがった脂身が美味しいんじゃないのよぅッ

私は・・・鴨のオレンジソースなんて最高じゃない?(^¬^)ジュル...

さぁ、ジビエのお話。
過去、鹿肉の煮込みとかインスタント調理品は肉屋やスーパーで手に入れることができるからサーブして来た。
でも、なんだか売れ行きが悪いのよね。
(娘がいたら問題ない。だって彼女はスカヴェンジャー、いえいえ腐食肉は食べませんよ、どっちかって言うと残飯整理を黙って買って出る)

この夏、私は息子が出るアパートの掃除を買って出た。
清掃社の見積もりによると最低でも800フランは掛かると。

じゃ〜!私が掃除する!
その分、美味しいご飯をご馳走してちょ〜だい!で、話がついた。

始めはモンターナで鴨肉が食べたいと思っていたら秋になって、それでジビエに行きたいと言ったら息子がOKと。

先日、娘が久方ぶりに里帰りすると言うので27日(土)にBest Wester Hotel Rothaus(☆☆☆)   Klosterstrasse 4-6 6003 Luzern Tel  +41 41 248 48 48 Fax +41 41 248 48 00 info@rothaus.chへ食べに行った。

rothaus2710121839.jpg

rothaus2710121843.jpg
rothaus2710121849.jpg
アミューズはタレッジョのハチミツソース

rothaus2710121857.jpg
ワインは私向けに軽くSteinbo:ckler(スイスワイン

rothaus2710121920.jpg
ノロジカ背肉料理(PDFファイル4ページ目)

男性陣は他のジビエメニュを、ノロジカは2人前からのメニュなので娘と一緒に頼んだ。

火の通り具合からなにから実に美味しかった。
ただ、サービスはちょいと納得いかなかった。
なぜかって?

お給仕さん、多分、プロじゃないわね。
普通、お替りが来るんだけど、その頃ぞくぞくとお客が入って来ててそっちのサービスに気をとられたのかお替りが来ない。
なんだ珍しいわねぇ。普通はお替り来るんだけどな。

同じことを考えていたのか娘が「お替りないかもね。デザート頼んで良い?」と。
サーブされる前に大皿で見せられたときはお肉の塊りが大きく見えたんだけどなぁ。

まぁ、良いわ。
私は一皿で十分足りたんだけど、お替りを早い段階でいただいてたら食べられたかも。
(まだ言ってる)

デザートカルテを頼んで、アレが良いか、コレが良いかとしばらくさいたら、お替りはいかがかと。
はい?
だったら、デザートカルテを渡すときにお替りありますが?とか言えっての( ̄‥ ̄)=3

娘は喜んでお替りを貰ってたけど、私はもう要らないからと断った。

rothaus2710122030.jpg
血のオレンジソルベカンパリのデザートで機嫌を直しましたわ。
(安くできてます)

美味しかったのは確か手(チョキ)

今日のお天気晴れ17℃/6℃フェーン気味
いつも応援ありがとう♪(#^ー゜)v
 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  




posted by ひよ at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・料理・食品・食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。