2013年01月05日

暮れの28日〜31日にはブリュッセルで食い倒れしようと思ってましたんですが・・・

夫の心の臓の具合が芳しくありませんでしてねぇ・・・

28日のフライト前後でもうよろしくなかったらしい。
21日に大切な区切りがございまして突破したかと思いきや、(´▽`) ホッとしてせいなのか昨年9月に発症して以来(入院沙汰)いちどならずも・・・
入院沙汰もございまして、投薬を受けて・・・はい、きっと私が苦労をかけてるせいですわ。。。。(( T_T)トボトボ

ご飯を食べにブリュッセルへ!と、気分は上々だったんだけどな〜
今回のご飯は普通にムール貝とムール貝のグラタンと貝とエビの盛り合わせだけ。

Jaloaと言うブラッスリーの店頭で魚のスープが煮込まれてる中です

2912121109.jpg

Brussels2912121110a.jpg

Brussels2912121110b.jpg
後で食べに戻る予定だったんだけど、夫と部屋でいただいたのでした・・・

いつも応援ありがとう♪(#^ー゜)v
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  


posted by ひよ at 21:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムール貝いいですね〜私も好物です。
ブリュッセルに行ったとき私もその辺りで食べました。
タイにも似た貝(ホイ・メン・プー)があって市場で安く手に入れられるんです。値段はキロ100円位、いちどベルギー風に白ワインを使って食してみたいんですが、こちら輸入ワインが高くて(最低1000円から)料理に使おうとはとても思えないので、こちらのハーブ類を使ってタイ風に料理しています。
Posted by khundd at 2013年01月07日 17:38
khunddさん

ムール貝は飽きずにいただけます。
不思議ですよ、東京に居た頃にこれほど魚介をいただいたでしょうか・・・?いつもあるものだから意識していなかったのか・・・
まだまだ子どもだったので美味しい物を食べずにイギリス留学したのが良かったのかも。
ランドレイディが料理上手だったせいもあるのかなんでも美味しくいただいて来ました。

年を重ねて土地名物と言いますか、その土地ならではの空気、水、雰囲気すべて込みで美味しい!と感じるものなんだと理解できます。

夫の体調がすぐれず、なんとなく食べ損なった気がしてリベンジとして、5日はCOOPで買ったムール貝をワイン蒸しにしていただきました。
ブリュッセルでいただいたのに勝るとも劣らない!(手前味噌)味がして、21世紀ともなると、こんな山奥でも新鮮な魚介がいただけることに感謝しています(^^)

ブリュッセルに行く前は本場の味が楽しみで作り控えてたんですけども〜
Posted by ひよ at 2013年01月07日 20:12
そうですねルッツェルンで新鮮な魚介類を手に入れることは以前は難しかったですもんね。あとアジアンフードもなかなか品数が少なく手に入れにくかったです。今は「上海」ですか?

以前Zentral strで店名は憶えていませんが確かベトナム系の人がやっていたアジア食材店があって何回かお茶などを買いましたが、まだあるんでしょうか?

あとギュッチに登るケーブルカー駅の近くに「京都」という日本食レストラン(入ったことは無いですが)があったと思うのですがそこもまだ健在ですか?

最後にルッツェルンに行ってからもう15年になっているので街もいろいろ変わっているのでしょうね。

上の書き込みでうっかりご主人のこと書くのを忘れましたが心臓に問題があるのは怖いですね。

私も時々心臓がグルグルするんですが怖くて医者に行っていません。

ご主人はやく通常どうりに回復されること願っています。
Posted by khundd at 2013年01月08日 13:33
khunddさん

Zentral通りの亜東が今でも営業しているのかは分かりませんが、上海は重宝しています。
日本食品の品数も随分増えています。

京都は随分前に閉店して今は別のレストランになっています。

夫は不整脈と言うのが出るのですが、今のところ命に別状はありませんが薬は手放せません。
お気遣い、ありがとうございます。
khunddさんにも専門医を訪れることをお勧めいたします。
Posted by ひよ at 2013年01月09日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。