2007年10月10日

8日朝の皮膚科カケコミ物語

5日に産婦人科の定期健診へ行った話しは書いたわよね。

定期健診は定期健診でも、ちょっと肌のトラブルがあってね、もしかしたらホルモンのバランスが崩れたからなのかも?と思ってね、ホントだったら予約がいっぱいで12月まで待たないと診てはいただけなかった所を顔、首筋、前腕と脛の湿疹(痒い)を訴えて、早めの予約を入れさせていただいたのよ。

10月1日に電話して、5日に伺えただなんて快挙。だって、新患取らないって言われてたし。駆け込み直前の4日と5日の仕事の時は、最悪状態でビワローションとワセリンだけつけてたんだけど、なんだか後からフケ状に肌が剥けて、脱皮してたし・・・もうやだ〜(悲しい顔) お客さん、おどかしたかも・・・
この日のお客さんって言うのが、たけしのTVタックルに出たこともある某代議士とその妻と3人(体格が大中小)の秘書さんたちだったんだけど、レッツゴー永田町を思い出して、密かに笑ってましたがw

7日の仕事の時は、Excipial Lotionも止めてビワローションだけ。相当乾燥はしてたけど、脱皮したせいでお肌すべすべ。唯、口の周りがガビガビ気味だったけど。

肌のトラブルね。
さかのぼって90年頃、よくクシャミが出たので(発作のように出始めると暫く止まらなくなって)主治医へ行き(背中に50種類ものアレルゲン要素を貼り付けて待つこと2日だったかな)、アレルギーテストを受けたら、ハウスダストに反応したってのが始まりなのかも知れない。

ハウスダストに限らず、粉っぽい物が鼻に進入したり、洗顔の後にフェイシャルソープに反応してなんだろうけど、クシャミ発作が。もう、鼻へのちょっとした刺激、何かの弾みで鼻をつついたりしたらクシャミ発作が始まったのね。

その後は、護身術や空手なんぞをやって、クシャミ発作のことは極力考えないようにしてたんだけど(だって、しょうがない。鼻腔の粘膜が敏感ってだけだもんね)、98年のPerioralen Dermatitis以来、肌が敏感で(日本にいた頃〜20代は、ホント世話要らずの肌でね、スッピン焼き放題だったのに)、気をつけてはいたんだけど、今回は、Neurodermitis、神経性皮膚炎って診断がつきました。

Wikipediaで調べたら、アトピーのことなのね。
(参照元: Wikipedia http://de.wikipedia.org/wiki/Neurodermitis

今年1月上旬、両頬が赤くなっちゃって、しかも腫れが続いたので主治医に会ったのよ。
脛と両腕に痒みがあって、これってば、洗剤が合わないのかなぁ?とかって、私なりに、こうこうあれこれの末、こうなったみたいってお話したらば、洗剤が原因なら全身痒くなるでしょ〜?って。

それも、そうだわ。
主治医は、抗生物質とか与えたくないから、LactacydとExcipial Lotionで様子をみるようにって。
(頼りにならない主治医のPeterだと思ったから、婦人科経由で駆け込んだ皮膚科医師Fr. Dr. Siggに言わせるとコレは正しい判断だそうで)

様子、みましたわ。
赤みや腫れや掻痒感は、良くなったり悪くなったり・・・
接客業だからね、化粧するでしょ。すると腫れるのよねぇ。
最初、脛と上腕だけ痒かったのが前腕へ。
首に湿疹が・・・

夏休みに山歩きの時に欠かせなかったのが日焼け止め。
うっすら顔が腫れてたわよね。首筋の湿疹は特に悪くなることは無かったと思うけど、良くなりはしなかった。

パリを歩いていた最中は、日焼け止めさえ塗らずに・・・
ビワエキスを少々とExcipial Lotionだけ塗っていたっけ。

で・・・息子が言いだしっぺで、暑い日本へ行くことに。
あ〜ぁ、こんな顔と肌じゃ、美味しい日本が楽しめない・・・もうやだ〜(悲しい顔)
いえ、大丈夫。食欲はたっくさん有りましたんでわーい(嬉しい顔)

でもね〜、良く我慢したでしょ?自分を誉めて上げたいわね。(短気な方なのにね〜)
ビワエキス&グリセリンミックスのビワローションだけだと肌が突っ張るので、Excipial Lotionを更に付けてたんだけど、これってば沁みたのよ。沁みるだけなら痒みが増すこともあった。
でも、これだって慣れるって思ってたんだけども・・・皮膚科のDr. Siggにこの件言ったら、尿素が沁みるのよって。

さてと、婦人科医のFr. Dr. Krackeは私の顔を見るなり『それ、アレルギーよ。婦人科疾患とは関係無いわね。そのままにしてたら広がっちゃうわ。皮膚科に行ってね』って言うので紹介していただいたのが、Fr. Dr. Sigg。『でもね、紹介の無い患者さんは取らないかも。紹介状が必要なら直ぐ書きますから、言ってね』とFr. Dr. Kracke。

5日午前9時過ぎ、産婦人科を出て教えられた電話番号に電話するも、皮膚科先生はホリデーで8日には戻るって電話のアナウンスが_no

お〜けぃ。じゃ、月朝ねッ
8日、朝8時15分にやっと電話通過。(留守電か話中のシグナルばかりでね)
事情を話したら、紹介状を書いて貰うことが第一条件で、その後、予約を入れることに。

電話の向こう側で、受付のFrau Auerが『失礼ですけど、お住まいどちら?』と。
新市外側です。

どうやらキャンセルが入ったので『ぶしつけな質問ですけど、8時40分に来れますか?』って。
ずぇんずぇん、ぶしつけじゃございませんことよ。
(センセのオフィスは旧市街側。ロイス河を渡れば良いだけ。10分と掛からない)

来れますコレマスッ

電話していた時点でスッピンだったんだけど、目と口を描いたら出来上がり。
駆け込みましたわよッw 8時40分に到着手(チョキ)

さて、Fr. Dr. Siggに下着だけになって全身診ていただいて、症例名も分かり精神的にも一安心できた。

大丈夫よ。心配要りません。治ります
って言葉がどんなに(´▽`) ホッとさせてくれたことか。
ストレスからも来るのよ。私もそうなの(神経性皮膚炎持ち)私たちみたいにね、細くて良く動いて行動がすばやい人たちが掛かりやすいのよって。要するに神経質?

家族に花粉症やアストマ患者は居ないか?と言うのが最初の質問で、私自身は、ハウスダストに敏感で98年のPerioralen Dermatitisの件と娘が花粉症だって言ったら、私もそう言う因子を持っているから・・・そうだ。私の母もなんだか顔や手がかぶれてたっぽいことがあったし・・・遺伝なのね。

色々と調べてみたら、まっこと症例どおりだったし。

神経性皮膚炎の原因は良く分からないらしいけど、最初、ちょっと掻いた所が更に痒くなって、掻くとそれが酷くなってと言う連鎖から来るんだと。

そして、広がって行くと。

そうだ。確かにそうだった。
別に自分を当てはめるわけじゃないけど、初めは脛をポリポリやってて(痒いとこを掻くって、その時は気持ち良いわけよ)、それが上腕も掻いたりして・・・いえ、この行為は、顔が赤くなって腫れたってのとは別件だと思ってる。

neurodermtis.jpg顔・首筋用と前腕・脛用は違う軟膏で、後者は、コーティゾンが含まれてるんだって。(画像右側上)
Protopic(画像右側上から2番目)って顔・首筋用の軟膏は、日本で発明開発されたんですって。少々高いんですけど(70数フラン)・・・保険会社が支払ってくれますからねと。

右側一番下は、リップ専用。ドクターのお母さんもお気に入りだそう。

凄い乾燥肌になってるんで、その他、フェイス用ボディ用と保湿クリームやローションを与えられましたわ。

月夜に夫に件を話したら、日本に居た間、症状が良くなったとかだったら、住まいの何かが原因かもだし、猫かもよ?な〜んて言われたけど、ここに住んで長くなるし、猫だって13年飼ってるのよ〜?まさかぁ。

ドクターは、私にAHA(独)サイトを見るように言い、ウールはダメよ。綿物を着て涼しめに過ごすようにと・・・
寝不足厳禁って・・・耳が痛いわ
確かに、アドバイス以前より、窓をあちゃこちゃ開けてて家族には不評なんだけどね。
夫や息子に、ねぇ、キミ (;⌒▽⌒)σ 僕たちを肺炎にするつもり?って言われてます。

暑がりで寒がりの私は、動いていると直ぐ暑くなり、停止すると直ぐ冷めちゃうのよ。
性格と関係ある?熱しやすく冷めやすい?
アルミみたい?高級感ゼロですちっ(怒った顔)

6週間後に再検診よ。


今日のお天気晴れ16℃/6℃
いつも応援(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!
↓のバナーをポチッとな〜♪
banner_02.gif



タグ:敏感肌
posted by ひよ at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひよの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック