2007年10月29日

百鬼夜行抄の後に観たブレス・ザ・チャイルド

ブレス・ザ・チャイルドって2000年制作映画。

オカルト映画って言うのかなぁ。
こう言う力のある子供(自閉症気味)がある団体から求められてたと・・・連続6歳児殺人事件。

主演のキム・ベイジンガーが好きなんでペイTVのリバイバルチャネルで観たんだけど(好きだって言う割には劇場でもペイTV初上映時もコレは観なかった^^;)、面白かった。ちょうど、百鬼夜行抄なんてマンガを読んだ後に観たので、ヤク中の妹が置き去りにした娘を育てるキムが見る映像がホレ、矢印指した尻尾を持つ悪魔で、妖魔の続きが楽しめた感じがしたのw

マギー役のキム好演。
ヤク中の妹のヤク友達のクリスティーナ・リッチも頑張ってました。

それで、カルト集団のボスのエリック・スターク・・・の目って怖いッたら。
ある意味、この役者が一番光ってたかも。
右側の目が義眼みたいに見えるのよ。光の当たり具合が違うって言うのかなぁ。
役柄のせいもあるけどね、左右の目で見てる位置が違う(斜視と言うのとも微妙に違う目線)目って怖いわねぇ。

百鬼夜行抄を貸してくれたお友達に、『百鬼夜行抄面白かったわ。続きが読みたいわねぇ。ねね?次、いつ日本へ行くの?今年はもう行かないの?』って聞いたら、『百鬼夜行抄買うだけの為に一時帰国しないわよッむかっ(怒り)』と言われましたわ・・・あっはw そりゃそうだ・・・わーい(嬉しい顔)
指紋もあるしねぇ・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック