2008年01月29日

スティーブン・キングの霧(The Mist)

28日、ムモ丸ちゃんを誘って映画(霧とナショナトレジャー)のハシゴをした。

先ずは、キングの中編ホラー『霧』から。
スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
コレねぇ、ムモ丸ちゃんのチェックが入って、私がランゴリアーズと勘違いしてたのが判明。こっちも面白怖い話だけれど、霧とは違う話ですから。ランゴリアーズ (文春文庫―Four past midnight)


さて、ネタバレ有りで書いちゃいます。

シーンは、主人公のデイビッドが仕事用のポスターを描いているところから始まって、嵐の夜明けからのお話で、ま〜窓は割れちゃうわ、ボートハウスは散々な様子。

息子のビリー(この子ってば、バベルにも出てたのね)を連れて食料品の買出しってな訳で、早速、霧に襲われちゃうのだ。
スーパーに駆け込んできた鼻血を流したダン(ジェフリー・ディマン)が『霧の中に何かいるッexclamation×2』って。

まぁ、全部あらすじを書く気はないので、次行きます。間も無く、霧の中の生物がなんであるかも分かるんだけど、自分で見てない人たちは信じられないから、発動機の故障を直すためにシャッターを開けちゃうんだな。そこからが本格的に怖くなって来る。
閉じ込められているところはスーパーだから、当然、大きなガラスの壁があって、目の前は駐車場。
窓際には、バリケード用にドッグフードの大袋が積み上げられて行く。

そ、それじゃ、間に合わないだろ〜

あ〜ぁ、あの窓ガラス、薄そうだよねぇ。直ぐ、なんかが飛び込んで来ちゃうよねぇ・・・って思ってたら、主犯格のテンタクルズじゃなくて、なんか巨大蚊みたいなのが窓にガッシガシと張り付いて、更に、巨大蚊を食べようとプテラノドンみたいな生物登場。凄い。

やっぱり、キングってば上手いなぁ、また読みたいなぁ〜って気分にさせられちゃった訳なんだけど、スーパーにたまたま居合わせた人々の中には、教師がいたり、弁護士がいたり、信心深いのがいたりで色々取り揃えてるんだけど、怖かったのが教祖に祭り上げられて行くのって、こう言うことなのか?みたいなシーンがあってね、マーシア・ゲイ・ハーデンって女優が演じてるカーマディ夫人。この人、上手い。凄いんだから。怖かったし。最後は、亡くなっちゃうんだけどね。

主人公役のデイビッドはトーマス・ジェーンって俳優で、彼を初めて観たのが『ディープ・ブルーシー』だった。なんだか、クリストファー・ロンバートと似てるのよね。まぁ、ロンバートはもう年だからビリーのパパ役って訳にゃ行かないんでしょ・・・と勝手に納得w

奥さんステファニーを演じたケリー・コリンズ・リンツは、最初にチョコッと出ただけで、後は自宅で亡くなってしまってた。
息子役のネイサン・ギャンブルが上手いんだな〜 人材豊富だねぇ。さすが、ハリウッド。

アマンダって教師をやったローリー・ホールデンは、サイレントヒルで警官をやってた人で、ショートヘアで警官役の方が似合ってたな〜 絶対、ショートの方が似合う。

それと最初にスーパーに鼻血を流しながら飛び込んで来たジェフリー・ディマンって俳優は、脇役でよく見る。グリーンマイルにも出てたのねぇ。

アイリーンと言うシスター役をやったフランセス・スターンハーゲンは、直ぐ思い出したところではミザリーで保安官の奥さん役をやってたのね。彼女にせよジェフリー・ディマンにせよ、キングのリピーターね。

この5人がスーパーからなんとか脱出をしたんだけれど・・・

しっかし、あの生物(テンタクルズの持ち主)ってば、もの凄く大きくて巨大恐竜どころの騒ぎじゃない。凄いってば。

でね、最後の落ちがね、ホントなんだか救われないってんで、観る順番としては『霧』それから『ナショナルトレジャー』(楽しかった)で良かったです。

原作に忠実ってわけでは無いんだけど、臨場感有りで怖がれたし大変よく出来てました。
☆☆☆☆☆5つです。

ナショナルトレジャーの方は、後ほど〜。

今日のお天気曇り11℃/2℃
いつも応援(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!
↓のバナーをポチッとな〜るんるん
banner_02.gif
ファイブ ブログランキングのライフスタイルに参加中
ポチッとよろしくるんるん
ライフスタイル ブログランキング

タグ:The Mist
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最後の陪審員 下巻 (3) (新潮文庫 ク 23-24
Excerpt: 昨年の大統領特赦に続き、白石朗氏翻訳のグリシャムに相当の期待をしたんですが???全くの急降下。グリシャムの良さが全く出ていない。主人公の若手新聞会社社主の奮闘から成長小説との意味は分かるんですが、多..
Weblog: まおのブログ
Tracked: 2008-02-08 08:40